2017年05月20日

スモールセコンドA



セイコー4Sを搭載した手巻きローレル
4S28-5010)で左からLJAK602LJAK600と、海外メーカーの物。






LAUREL - コピー.png






何と言うか、本当に単純に良い。
現在セイコー普及価格帯ではスモセコ手巻き3針なんて見ない。
高価格帯だってクレドールの一部だ。

このローレルの青い針は【青焼き】ではなく【塗り】で
4S24系ローレルなんかの青い秒針は側面が白くて
青焼きかどうか現物見て確認したら結構ビビりました。
なんで、ここだけって。
で、こういった趣味の時計ってどこか突出しているものが
あるのが良いんではなくて、スペック的にバランスが良い
と言うのか、均されているという方が私は好む傾向にある
という事がわかった。
直近だと、アルピニストもそれに該当すると思う。

ブレゲ針、ブレゲ数字にブレゲひげゼンマイ・・・
ブレゲの公式サイトにはもっといろいろ載っているけど
テクノロジーだけでなく、デザイン面でも優れた功績を残していて
ブレゲって本当に天才なんだなーと思う。
まーそんなブレゲインスパイアなLJAK602
ブレゲ針って美しいなとこれ見て思っている位だから
本家のってどんだけきれいなんだろうな。
今度冷やかしに行こう。

このトノー型のローレル最大の泣き所はガラス製風防だろう。
前にセイコーにOHに出した時にはガラス在庫はあったが
今はどうだろうか?
在庫がなくても別作(7000円位だったと思う)
してくれるとの話だった。
だがしかし、2017年5月現在では3Dプリンタがかなり普及している。
前にも楽観的に書いたけど、これを少し掘り下げてみたいと検討している。
低コストで、変わり風防量産できるんじゃないのこれ?
てか、56系揺動レバーとかも簡単に作れちゃうんじゃない?
それを売り出したら商売できるんじゃない?( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ 
針を自作したりとか応用できそう!?
新たな機械式時計の楽しみ方がテクノロジーによって開かれるかな。
流石に45系のゼンマイは無理か。
タイトルと全然関係ない方向に行ってしまった。


posted by たいぞう at 17:09 | Comment(4) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

スモールセコンド

スモールセコンドとは時分針から独立して
主に6時位置にセッティングされている秒針。
「スモセコ」なんて略される。

スモールセコンドのシンプルな時計を選ぶなら
(いわゆる手巻き3針スモセコノンデイトの分野だが)
以下の理由でほぼ高級機を買うしかない。

と言うのは、昔から利用されている非常にシンプルな機構だが
今では主に高級機に搭載されているため、これを求めるとなると
オールド物を探すか、現行高価格帯を手に入れるしか方法はない。
しかしながら、オールド物は得てして防水やコンディションに難アリ。
一部、現行の低価格帯にもラインナップがあるが
文字板上もシンプルな構成となるため
作りの安っぽさがダイレクトに伝わってりしまう。
シンプルが売りであるため、当然デイトなんかは共存できない。









予算が限られている中で前向きに探してみた結果は・・・




2.png




ラウンドケースの時計はENICAR
エニカのウルトラソニック
かつて、日本に輸入されていた大衆機ブランドだ。
ところがデティールは中々の物で
スモセコの表示部分は非常にきれいな波紋模様。
文字板も風防もドーム状だし
ミニッツマーカーもすべてリベット打ちだ。
針こそ普通以下だが、中の機械もETA(Peseux)7001ではない(はずだ)。
オールド物にしては珍しく、ケースが36o径のため現在でも活躍できる。




1.png




トノー型の時計はセイコーローレル
何度か紹介しているがトノー型はお嫌いだろうか?
銀と金(コイツのは無垢)がずっしりと存在感を示すケースは
金の使い方がこの上なく上手で、色気を醸し出すほどだ。
-------------------------------------------------------
SARB013でもインデックスと針に金色が使われており
セイコーの、このあたりの金色の使い方には、ただただ感心する。
-------------------------------------------------------
エレガントな佇まいは特にスーツとの相性が抜群だ。
オクで落としてセイコーにOHにだせば
いくらもしないだろう??(テキトー)
まーこれからの時期向けじゃあないけどね。

ちなみにこれのラウンドケースの物も持っているけど
秒針のサイドが白く、青塗りになっていない。大きな減点だ。
同じ4Sローレル銀無垢の青針・琺瑯文字板も同様だろう。
何故かトノーは問題ない。


posted by たいぞう at 00:00 | Comment(5) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

価格改定




腕時計も特に高額物に関しては値上がりが激しいなー。
政府はインフレを目指しているようだけれど
一般人が日本でインフレを体感したければ
ディズニー(ランドでもシーでも)行ったらいい。
大人の1デーパスポートが価格改定されまくって今は7,400円。
しかも、中の飲食なども軒並みボッ○くり価格。
それでも人が付いてくるところが
同じ非生活必需品たる腕時計との違いだろう。
あそこに行けば物価高と貨幣価値の減少を身をもって知ることになる。
あんなものなくて生きていけると言うと
ディズニーファンに怒られそうだけど
それは腕時計と一緒でしょ?
となればディズニーファンも時計ファンも
似た者同士・・・とは言いすぎか。

翻って時計業界だけど価格改定と言えば値上げ。
特に値上げ後に価格を下げるようなことをすれば
「ウチの商品はこれぐらいの価格が妥当だろう」
と思ってつけたお値段をマーケットが否定したってことに
なるからオマヌケ感が半端じゃない。
分不相応なブランド力を思い知らされる
メーカー側も打撃が大きいだろうに。
各社とも価格設定は慎重にしていただきたいと
偉そうに言ってみたりする。
まーこれはメーカーだけでなく消費者のためでもあるのだけど
やっぱり日本人の中間層は、もはやターゲットじゃないのかな。

スイスもドイツも日本も
キッチリ広告戦略を打って、機械式時計は必要だと
世の中に売った続けてほしいものだなー。
腕時計をしてても恥ずかしくないのは
スイスをはじめとする広告努力のおかけです。
新品を私はまず買わないし所有しているのは
セイコーの中古ばかりだけど、本当にありがとう。
posted by たいぞう at 14:54 | Comment(2) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。