2016年05月01日

ロードマーベル

セイコーロードマーベル






LM2.jpg






某掲示板では一年くらい前からかなー
ロードマーベルのハイビート全数字文字板推しが強くなって
一気に相場が上がった。
それまでは美品でもオクだと1万円割ってたりしてたし。
このロードマーベルだけどバージョンが色々あってややこしい。
ムーブメントがマーベルベースロードマーベルを初期として
クラウンベースムーブを後期と表現しようか?

1.初期の初期 GS1ST登場前のセイコーの最高級品
彫文字、ハマグリ、Sマーク有無などさらにわかれる模様
2.初期の後期 GS1ST後 今回手に入れたもの
3.後期CAL.5740A 5振動ロービート
4.後期CAL.5740B 5.5振動ロービート
緩急針周りがLM(56系のね)みたいになったんだっけ確か?
5.後期CAL.5740C 10振動ハイビート

今回手に入れたロードマーベルだけど
初期のグランド1ST後の高級品の面影を残すもの。
ロゴは全部プリントだけどインデックスやラグの形状に
その名残と言うかこだわりが感じられる。

ロードマーベルと言ったらこっちでしょと
(私は勝手に思っている)言う流石の作り。
プラ風防が意外に分厚くケースサイズも36oで盤面も広い。
思ったよりも大ぶりな印象で今でも使いやすいサイズ感。
ホントこのくらいのサイズで手ごろでいい時計が現行には
別にS社だけでなくて見当たら無いのは残念だ。
また、巻き心地は44系とかと大差なく感じた。

注意点は、風防・ベゼル側の防水面がどうにもならない事と
ラグが曲がったりしている個体に気を付けると言ったところか?
正直、梅雨・夏にはおすすめできないし手洗いにも
気を付けなければならないレベルだ。

初期の初期はそれなりの値段になったりするけど
GS1STほどプレミアは付いてない。
全力で時計が作られていた時期の作品は美しいと思う。
このサイズ感と美しさ、側・機械の両面でまとまったスペックの
時計を求めると時間をさかのぼるしかなくて
そのうえコンディションまで求めると
もうただの無い物ねだりなんだろうなー。

LM.jpg


posted by たいぞう at 00:12 | Comment(4) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。