2016年06月26日

オレたちのグランドセイコー



4Sがらみで第二精工舎のことばかりになったので?
第二のライバル諏訪精工舎のモデルにも光を当ててみようと思う。
挑戦的な機械設計に定評のある第二だけれど
45系や52系の外装バリエーションは少なく
王道でおとなしいデザインが多い(バナックはあるけど)。

それに対して、諏訪は目立ちたいのかGSと思えないような
奇抜な外装のグランドセイコーを56系や61系で出している。
そんな「グランド」なデザイン文法を超越した
個性的なヤツらを見て行こう。

私は、よそ様の画像は拝借しづらいので
下記の型番でググってみてほしい。
注目すべきは「すべてグランドセイコー」だという事だ。

以下の2つはまだかわいい方だ
GS 6145-8030 金無垢円盤型 56や61の金無垢はずっしりしてます
GS 5646-7000 総ヘアラインの丸型

このあたりから何でもアリの状態に・・・
GS 5646-7040 槌打ちケース全数字カッコいいです
GS 5646-7020 バナックか!?

角型・トノー型なんてのもある
GS 5641-5000 金無垢トノー。GSって書いてないとGSとわからない
GS 5646-5010 角型。エッジは効いているけれど・・・

そして凄まじいのはこちらだ
GS 6146-8020 どうしたらこうなる?
第二精工舎の44GSを代表的なセイコースタイルと言われちゃったものだから
変形ケースで第二に負けるわけにはいかないと思ったのだろうか?

と、まー他にもあるけれど全て56・61系のため諏訪のGS。
好き嫌いはさておき、規格に縛られた
現行では見られないような形のものばかり。
大らかな時代だったものだ。
諏訪精工舎は、中の機械は合理的だったのかもしれないが
外装面ではかなりチャレンジングだった。





posted by たいぞう at 00:55 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。