2016年08月20日

グランドセイコーSBGR095 復刻62GSの尾錠



-------------------------------------------------------

今回、大したことはないけどオクの価格に比べて

お得なのではないかと思うものを某所にオーダーした。

安いんじゃないの?これ、と思って。

ちゃんと手に入ったら公開する予定。

元ネタは某巨大掲示板から。

-------------------------------------------------------



IMG_7673 - コピー.png
梨地とポリッシュの対比が美しい。
ロゴはシンプルに「SEIKO」となっていて
どのモデルにでも対応できるだろう。

今回手に入れたのは
グランドセイコーSBGR095【復刻62GS】の尾錠。
上記のとおり2ちゃんからの情報。
実際は44GS復刻SBGW047セカンド復刻SBGV009の尾錠と共通の様。




■SEIKO セイコー4S系【ローレル/SUS/アルピニスト等】 6本目 より
セイコーの純正品は大手量販で取り寄せをすれば、セイコーの言い値より10〜15%安くなる。 
+ポイントがついたりする。それでもCPは疑問ではあるが。 




オリジナルのオールド尾錠はご存知の通りラグは15mm幅。
古い上に、結構なお値段で取引されている。

最近の物なのでこちらの復刻の尾錠はラグ幅16mmと
汎用の革ベルトにも合わせやすい。
時計部品屋とか家電量販店などで、
実際にその時計を持っていなくてもちゃんとオーダーできる。

金額は一つ7K程。
単体で見れば決して安くはないがオクの相場から見れば
高くはないと思うのだけどなー。
量販店ならポイントが付いてお得だし。

さっそく手持ちの時計に取り付けてみた。

IMG_7680 - コピー.png






44,45KSやら、56KSクロノやらにはもっと似合いそうだ。



posted by たいぞう at 11:51 | Comment(11) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

オリエント FDJ02002B0



時計メーカーのオリエントと言えば
何を連想するだろうか?
私は少し前までは、文字板に穴が開いている時計とか
雑貨屋に置いてある毒々しい色の文字板の
金メッキケースの時計が浮かんできた。
しかしロイヤルオリエントの銀無垢を手に入れて
オリエントの見方が変わった。ここを過小評価していた。
私の時計欲にトドメを指したモデルを紹介しよう。


今回、入手したのは
オリエント REF:FDJ02002B0
オリエントの海外モデル逆輸入品。

IMG_7649.png





【スペック】
cal.40P51 6振動/s
手巻き付自動巻き・秒針規制アリ
日付・パワーリザーブ表示・GMT機能付き
ケース径40.40o、厚さ11.98o
50m防水
風防はサファイアガラス
(無反射コーティングなどはない)
裏スケ部分はクリスタルガラス
SS無垢の7連ブレスレット(ラグ幅20o)

IMG_7651.png





【ケース・ブレスなど】
りゅうずはロゴなどなく、のっぺらぼうでちょっと残念。
ケースの造りは全面ポリッシュでエッジなどの仕上げは
ヌルっとしているというか特に行っていない。
ケースの厚さが約12oのため結構存在感はある。
ブレス、弓カン共に無垢。
弓カンはモッコリしていてブレスとの一体感を若干損ねている。
バックルはワンプッシュ観音開きで着脱は軽快、クラスプも分厚い。
ただしブレスの半コマやバックル部分の調整箇所が無いため
微調整はできない。
私の場合は3コマ抜いて、125グラム。

IMG_7654.png





【文字板・装飾など】
文字板中央部分にはギョウシェ彫り。
外周には24時間表記の内ベゼルがあるがプラっぽくて安っぽい。
本機もオリエント名物「短い針」が搭載されているけど
前記の内ベゼル構造でほとんど目立たない。これはプラス要因。
インデックスは変に安っぽくはないが高級感もなく値段なり。
針自体はバリなどはなく、悪くない出来。

ムーブメントの装飾はローターにブランドロゴと
コートドジュネーブぽい模様。
自動巻きユニットとテンプ受けにはペルラージュっぽい模様。
いずれも「ぽい」物で、無いよりまし程度。
ローターの向かい獅子マークは結構好きだけど
見どころのある機械ではないと言う意味では
どこぞの6Rとかと同じ。

旧オリエントスターGMTがCAL.40P51搭載
現行オリエントスターGMTがCAL.40P53搭載で
細かい部品の違いはあるのかもしれないが
装飾が違うだけで同じように思う。





【機能・操作性】
24時間針は独立稼働ができてちゃんとGMTになっている。
手巻きの感触はギギギ・・・と面白みはなし。
パワーリザーブは40時間とやや短め。
日付早送りはもちろん可能。
りゅうずは径6o・厚み4o程度と大きめで扱いやすい。
時刻合わせで針のふらつきはなくMADEINJAPANムーブの
出来の良さがうかがえる。

最大の特徴はGMT機能であろう。
複雑機構でもないのに各社エントリーモデルでGMTは
あまりお目にかかれない。
一応GMTについて補足だけど
基本三針(時分秒)以外にグリニッジ天文台の時刻を表示できる
転じて「別の時刻を独立表示できる」のがGMT機能であり
単に午前午後がわかるだけの「24時間表示」とは異なる。

そして、過去の所有モデルの通り
ロレックスエクスプローラー2 REF:16570や
ボームアンドメルシエ
クラシマエグゼクティブGMTパワーリザーブなど。
私はGMTが好みなのだ。





【総合】
色々機能が付いていて針が5本も文字板上にあるにも
かかわらず、すっきり精悍な顔つきで非常によい。
価格的には間違いなく安いが、安っぽさはない。
マイナス面もいろいろ書いたが致命的な欠点が無く
バランスのとれたいい時計だ。

本機ORIENT FDJ02002B0は
定価840ドル。白金コンビは880ドル。
海外モデルだけに海外サイトを見ると
円換算で実売50K前後になるところが多かった。
しかしなぜか秋葉原のオリエント有名店で16.8K。
このスペックからして奇跡に近い価格設定。


カラーバリエーションが白と白金コンビと黒の3種あり
白もなかなかにカッコいい。2つ逝ってもいいくらいだ。
しかし、見れば見るほどオリエントはいい物を作っている。
そして某所の値引き率が相まってセイコーさえ圧倒する
コストパフォーマンスを実現している。
しかし、デイト付きの時計で締めるとはおもしろい。
posted by たいぞう at 15:54 | Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

チュードルはわかっている。




ヘリテージブラックベイ36



36mm.jpg



画像は公式よりお借りしました。
2016バーゼルモデルでその名の通り36oサイズ。
昨今の3針時計でも40oがスタンダードになっている中でこれは新鮮。

ブラックベイの名の通り一応ダイバー属性だけど
ベゼルが薄いのでロレックスの114270的に扱えそう。
けっこう万能選手な予感がするなー。

正直ストライクでした。
本家じゃないって言うのも私には好印象。
時計、また欲しくなってきてしまいそう・・・
と言いながら買うことはないと思うけどね。

本当にチュードルは(私の趣味を)わかっている。
偉そうで申し訳ない。
サイズ35,6mmが再びスタンダードになるという事ではないけど
その需要もちゃんとメーカーが回収しに来ている。
ちゃんと売れると思ってリリースしているのね。



posted by たいぞう at 16:48 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。