2016年11月20日

銀無垢の腕時計









・・・手持ちはすべて手巻き銀無垢となった。

0 - コピー.png











オリエント銀無垢のパラジウムコーティングはかなり傷耐性が高い。
DAKS・ロイヤルとも使用頻度は高いが小傷一つ付いていない。
手巻きの良さは毎回時計と触れ合えるところだ。
こちらが手をかけてあげないと
動かないと言うところも醍醐味だろう。
たまにそれが面倒に感じることもあるけれど。


最近は手持ちやこれからどうしていこうかと
考えることが多くなった。
具体的に何かこうしようというエネルギーは
ブログを始めた当初と比べるとかなり低くなっているので
単に妄想癖が進行しただけとも思える。

まずはコレクション?として保管している
使わない時計達がなんとなく気になってしまう。
場所をとるわけではないから邪魔ではないんだけど。
などと思いながらそのまま放置している。

また、もし今の時計を全部処分して集約するなら
と考えたりしている。
その場合は2本にしようかな。
そういったプランがある訳ではないけど選ぶなら
グランドセイコーSBGW005とパテックのカラトラバ5196。
金額的に厳しいしパテックなんかは着けて行く場所も無く
漠然と欲しいな程度の完全な妄想だわ・・・。

GSは手を伸ばせば届くけど
裏スケは好みではないので過去のモデル限定。
裏蓋はオール金属に限る。
腕に当たる金属感と中身が見えない所が良い点だと思う。
中身が見たくなったら裏蓋自分で開けてしまうし。
こういった考えは多分少数派なんでしょうな。

しかし、現行の国産は3針モデルでも40o径がデフォに
なっている事と、エントリーからハイエンドまで裏蓋透かして
中の機械を見せたがるのでそういった意味でも選び辛いなー。
まーメーカーに文句を言ってもしょうがないので
気に入ったモデルを探すのを楽しもうと思う。
お腹いっぱいな感じなので、テキトーに気長に・・・





posted by たいぞう at 22:50 | Comment(20) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。