2016年12月20日

愛せよ【61GS】




GRAND SEIKO 6146-8000を持っている。
所謂61GS

機械グレードやらの薀蓄は他の詳しいサイトをご参照あれ。
最近気に入っているのでステマのごとく?褒めようか。
ノンデイト教徒である私が言うのも可笑しいかもしれないが
61GSはとんでもなくかっこいい。
何がかっこいいって手に取って見たときの美しさだ。
まーハイビートなので好き嫌いはあるかもしれないけど。
たまにノンデイト以外もつけたくなることがあって
今年が終わるまで61GSばかり着けようと思っている。

61GSの感想は・・・
・近くで眺めるのが良い
・遠くから見ると普通の時計
・分厚い時分針の存在感が◎
・腕に乗せると何故かかっこよさ半減
・ぽってり分厚く装着感が今一つ
・ローターのギュンギュン回る感触はまるでETAのよう
・ローターの装飾は地味だがカッコいい
・曜日早送りはない不便(22〜0時往復で送る)
いやいや、褒めているのかわからなくなってきた。

本機6146-8000は典型的GSケースだけど
似ているデザインのケース45、44、56とあるがすべて微妙に違う。
これらの中で61GSは最厚。
上記の感想の様にGSケースのカッティングは
腕に着けて見るとなんか違和感を感じるんだが他の方はどうだろうか?
おそらく手に取って眺めた時にその美しさが
最大限発揮されるケース形状なのではないか?と私は思う。
という事で手に取った画像。




61-GS.png




着け心地は同じようなカタチでも45GSのフィット感がよいかな。
あと、56系のムーブを見て同じことを思ったんだけど
コートドジュネーブだけが装飾じゃないよ(現行)。



posted by たいぞう at 23:41 | Comment(4) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

久しぶりにROLEXの話


東京の日本ロレックスのサービスセンター
つまり丸の内だけど、水曜日だけ営業時間が18:30までになった。
さすがに殿様商売ができなくなってきたのか
それともサービスセンターの取引機会を増やす目論見なのか。

9時-17時でいいから土曜か日曜も営業してほしいものだ。
と以前は思っていた。


GMTマスター116719BLROの針の長さが
GMT針以外ミニッツマーカーにギリギリ届いていなくて
少し笑ってしまった。
ホワイトゴールドのモデルなのにだ。
私の所有しているロイヤルオリエントと同じだ。
これでファンにそっぽ向かれないのだろうか?
時計ヲタはデティールにめちゃくちゃこだわる方が多い。
少し心配になってしまう。

さらに、最近のロレックスのHPだけど
個人的には見づらくてしょうがない。
その上、動作が重いし、英語を日本語に訳したような表記だし。
高額化の流れとともに今後も長くブランド力を維持できるのだろうか?
なんとか維持してもらいたいと思うのだが。




posted by たいぞう at 18:47 | Comment(6) | ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。