2017年07月31日

腕時計不要論

よく時間の確認あらスマホでできるから
腕時計はいらないと言われる。
こう言っている私も
ついこの前までは時計をつけていなかった。
ある時必要に迫られて、いろいろ調べているうちに
一つの趣味として確立できたため楽しむことにした。





laurel.png
seiko laurel 4s28-5010

腕時計なんか楽しみ方はいくらでもある
外装なんかコンセプトからグレードからいろいろあって
何本も集めたくなる。
同じものを何個も集めて個体ごとの差異を調べたり
安くてもそこそこいい物をさがしたり
機械式だから精度の良し悪しに一喜一憂したり
自分で緩急針動かしてみたり
中の機械をいじってみたり
その機械も様々な種類があるから調べてみたり
機械を調べてみたり
ベルトをいろいろ付け替えてみたり
ガラスやパッキン交換を自分でしてみたり
不動品を時計屋で復活させたり
時計で投資をしてみたり
歴史を学んでみたり
現在だとオークションと不可分みたいなもんだから
オークションにはまってみたり

しかもそれを仕事中でもいつでも身に着けられる
希有な趣味なのです。

趣味というのは当人がそれに何を求めて
何を得られているかの世界であって

理解できないとか
非合理だとか
お金がかかるとか
時間ならスマホでわかるとか
1つあれば十分とか

そんなこと言われても、話として噛み合いません。
芸術だって音楽だってスポーツだって
それで飯食ってますとか、世界的な競技とかで賞を
もらわない限りは趣味の範囲でしょ。

フィギュアとかエアガンとか
ゲーム、マンガ、アニメ、テレビとか
生きていくのに必要ない。

ペットとか車だって生きていくのに必要ない。
どころか、維持にお金かかるから「金食い虫」に他ならない。

衣食住だって必要最低限あれば生きていけるけど
これに付加価値を求めるのは個人の趣味嗜好にほかならない。
みんな趣味なわけで、外野には理解できないだろう。
まー私は合理的に動けるようにはできていないのは認めるけど。
同じの3本はいらないよね。





posted by たいぞう at 18:33 | Comment(0) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。