2017年08月01日

52系ロードマチックSP







5216LMSP.png
seiko lordmatic special 5216-7080

これは、私がセイコーの4S系にはまってから
その先祖である52系をいじるためのイケニエとして
手に入れたものの一つ。

52系は全体的に小ぶりで(私の中では56系比)
なぜか、5206・5246系統は34o径ケースが多く
5216・5256系統は、少し大きい35o径が多い。
そして一般受けするのはデイデイト瞬間切り替えで
KSは基本的に公認クロノとなる5206・5246系
つまり競合が少ないのが5216・5256系統なのだ。

今回の個体だけれども
手に入れたものをしっかり見てみると
意外にも、文字板はきれいでケースも
かすり傷はあるけれど角が立っていていいなと
思っているうちに整備をしてしまった。
ケース径も35oだ。
要するに、ぶっ壊す前提で手に入れた時計に情が移り
メンテして使うようになったということをダラダラ書いている。

セイコーのこの手の顔って精悍だなー。
なんかケースデザインがカクカクしてて
海外の同じようなバーインデックスの時計とも違う。
スキのないビジネスウオッチと言うべきか。
国産ならではの、カクカクデザインだ。
そんな中、LMのロゴがなぜか金色。
とってもこの金色が効いています。



posted by たいぞう at 08:00 | Comment(5) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。