2017年10月18日

セイコーダイバー サブマリーナ




おそらくこの機種はセイコーの中でもトップクラスの
サブマリーナー風の時計だろう。
セイコーにはほかに人気のダイバーがたくさんあるからか
不人気モデルだ。




7s260050 - コピー.jpg




隣は、夏にNATOで使用して、整備していたrolex 14060mだ。
まーこの二つベゼルのデザイン・インデックス・ケース形状は同じ。

なんで今更こいつなのかと言えば
だいぶ前からTUDORブラックベイ36oを
購入しようと思っていた。
それがこれの購入に至ったもともとの原因だ。
取り回しやすいサイズのダイバーを探していたら
いつの間にか手に入れていたのだ。

肝心のセイコーのほうの作りだけど
タイトルにダイバーとあるが正確には
セイコーのこいつはダイバー仕様ではない。
ねじ込みりゅうずに10気圧防水で
両方向回転ベゼルという面白い仕様だ。
まー安物だが、侮れない出来栄えだと思う。
不満はと言えば・・・
針が短い、りゅうずが小さめ
ガラスがサファイアではない、ベルトが巻き板ブレス。
それくらいだろう。
つまり欠点はほとんどない。
りゅうず以外は容易にどうにでもなるからだ。
すでにこいつもサファイアガラス化と無垢ブレス化をしている。

中身はセイコー7S26
ランク的にセイコー5同等とみて間違いないが
なぜか、セイコーの廉価機械式の旗印である5のマークがない。
その理由なんかはどうでもいいが、おかげで
文字板がシンプルで非常にすっきりまとまっている。
こんなにも安くてかっこいい時計があるのだ!

これがいいんだよ。だからセイコーはやめられない。
しかも、狙ったのかメーカー・駆動方式・防水仕様と
本家とまったく同じ並びのロゴ配置をしている。
公認クロノの能書きがある分
隣の本家のほうが文字板上はうるさいくらいだ。
こうしてみると14060の方が14060mより
シンプルでよいのではないかとさえ思える。

安いとはいえこのセイコー・・・
この手のダイバー風ウオッチとしては及第点の仕上げだ。
それに加えて、こいつはミッドサイズでベゼル径37.5o。
作りの粗が目立たないのだ。
同クラスでもサイズが大きいだけで仕上げの粗が目立つ。

ケースはベゼルよりほんの少しだけ張り出しているので
38o径と言ってもいいのかもしれない。
いわゆる6Rアルピニストサイズで、私には非常に使いやすい。
ダイバーは40o台中盤でもOK的なサイズ感のトレンドにシフトした
現在において、これは私にとっては貴重な品だ。

セイコー5ダイバー風やちゃんとしたセイコーダイバー
いくつか使ってみたことはあるのだが
細腕(手首回り17.5cm程)の私にはデカアツ、重い、ベルトが太いで
どうにも使用しつづけるのに堪えられなかったのだ。
結論は、本気のダイバーはいらない。
私にはタウンユースが前提のダイバー風ウオッチでいいのだ。
隣の本家もダイバー風みたいなもんだろう。
どちらも私にはぴったりの時計ということだ。

そしてこのセイコーのダイバー風時計は
腕に着けると存在感を出しつつ、軽快な着け心地を実現してくれる。
数字以上のサイズは感じると思うし
現に隣とそんなに大きさ変わらないでしょ?

おそらく手首回り16〜17cm位の方も、うまくフィットするだろう。
ただしNATOベルトを使うとややサイズ的に物足りない感じになる。
視覚的な効果だろうか?
それで、NATOでサブを運用していたわけだ。
また、手首が太い方にはもう少しボリュームがあっていいだろう。
かっこいい本物のダイバーが似合うのではないか。







posted by たいぞう at 22:25 | Comment(7) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。