2017年10月23日

セイコーダイバー サブマリーナ2


ダイバーとかパイロットウオッチとか
クロノグラフとかいろいろあるけど・・・
宇宙に行くからスピードマスター買うとか
サブマリーナー買って300m潜る
なんて聞いたことがない。
プロ仕様の性能なんてオーバースペックなだけで
誰も必要としていないはずだ。
時計に多少のTPOはあるにせよ普段使いが前提だ。
ビジネスシーンでもスピードマスターは本当によく見かけるが
このサラリーマンの内、何人が宇宙に行くつもりなのだろう。

だから時計メーカーは
時計プラス夢という付加価値を売る商売であって
技術やスペック、ストーリーや歴史で
ワクワク感を演出してくれている。
日本のメーカーの場合は前段の部分に付加価値
というか本来の価値を求めているように思える。
対してスイス勢は後段を強調し
明確に付加価値を訴えていると思う。
宇宙とか屋根裏から設計図とか
プロダクトに表れているからおもしろい。
もっと言えば機械式というもの自体が夢なんだろうね。




見た目の通り?の
セイコーのサブマリーナ



seiko.jpg



なんといっても価格が魅力。
ディテールに関しては上位モデルとは
当然のように比べるまでもない。
ただし、致命的な文句は出ない。
ミッドサイズの妙はサイズ・重量ともに
つけいていることを忘れるような装着感だ。

現行の逆輸入モデルの5同等品
いわゆるブラックボーイ:SKX007にも
ミッドサイズの設定がある(SKX013)。
が、私が欲しいのはサブマリーナを模したモデルだ。

こいつは値段なりのものであるのは間違いないが
押さえてほしい部分は押さえたうえで
ところどころ明らかな低スペックとなっている。
これに限らないがそんなものは大抵何とかなるのだ。


・・・例えばガラス
純正は普通のガラス風防だ。
サファイアガラスに載せ替えてしまえばよい。

・・・例えばりゅうず
無印りゅうずとなっている。
しかも小さめで操作性はあまりよくない。
変更しようと思えば可能だが結構な大手術の予感。

・・・例えばブレスレット
純正は巻き板の3連ブレス。
バンビでもジェランチャでも安価な無垢ブレスに取り替えられる。
ほぼポン付け可能でしょ。

・・・例えば針
明らかに短い。そして若干の剣ズレ。
セイコー5ダイバー風モデルから
お好みで奪って取り換えてしまえばよい。

世間では、というか海外を中心に
セイコー5カスタマイズが流行っている?ようだ。
私はできる限りオリジナルの仕様で使いたいのと
ガラスとブレスくらいしか交換できないので
あまり高度な改造はないけど
時計をいじっていて楽しいと感じる。
夢は入っていないが、私には十分に楽しめるおもちゃだ。








posted by たいぞう at 16:58 | Comment(2) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。