2017年11月28日

相場より安いからと言って時計を買うことはない



オクなんか見ていると
相場より安いものに手を伸ばしたくなる。
時計あるあるだ。



tudor.png



私は、検索かけて片っ端からウオッチリストに入れて
あとから厳選して、いいと思ったものはとりあえず札を入れる。

もちろん相場買いみたいなことをしたことも数知れず。
でも私は時計屋でも転売屋でもない。
そうして買った時計は大抵使わない。
程度のいいものが相場より安く手に入ったにすぎないからだ。
欲しいから、使いたいから買ったわけではないからだ。

でも、相場より安く手に入れることは
非常に気持ちいいものだ。わかる。





「時計欲しい欲しい病」から抜けるために
大事なことは達観することだ。
簡単だ。以下のフローを繰り返すんだ。

@自己確認作業
購入する前に
「これ本当に欲しいのか」
「本当に必要なのか」
「実際に着けることはあるのか」
「対価に見合ったモノなのか」
と、自問自答を繰り返すのだ。

「それでなければだめなのか」
「今所有しているもので十分ではないか」と。

それで自分コレクションを眺めて
一つ一つの時計を確認していく。
「こんなにもいい時計を持っているではないか」と。

一度は気に入って手に入れた時計だ。
それも売ろうと思えばいつでも売れる中で
所有し続けている訳で、愛着はあるのだろう。
買った時のことを思い出せ。



A欲しい理由を潰す
そろそろオーバーホールの時期だし売って新しいの買おう?
→オーバーホールなんか調子悪くなるまでしなくていいさ。

3〜5年に一度メンテしないとダメ?
→オーバーホール商法だから気にするな。
時計は持っているだけなら維持費は0だ。
壊れなければ使い続けても維持費は0だ。
万一、壊れてからどうしようか考えても遅くはない。

ドレスウオッチ持ってないし・・・?
→今使っている時計のブレス外して革ベルトつけとけ。

クロノグラフにあこがれる?
→メンテ費用が高いカップ麺調理専用機だぞ。
スマホのストップウオッチ機能を頻繁に使うか?
断じていらない。

ダイバーズ欲しいな?
→オーバースペックのでくの坊なんかいらない。
F1マシン買って公道を60Km/hで走るようなもんだ。
セイコー5とか6rの10気圧防水で十分だ。風呂にも入れる。

一生ものが欲しい?
→そういって何個買った?
どんだけ生きるつもりだ?
今持っているものを大事にしないで
一生もつわけないだろう。

今買わないと滅多に市場に出ないし?
→そのうちまた出てくるさ。
よりお手頃になってな。
なぜなら、ネット情報によれば時計はオワコンだからな。



B他用途との天秤・金の可視化
その金、家族のために使うなり、貯めるなりしなよ。
家族の顔を思い浮かべてみろよ。
独身だって?
他にいろいろできるぞ。
べただけど親孝行はどうか?
投資でも、女遊びでも、友達と飲みでもいいんじゃないか?
自己投資で習い事とかは?
使った金額の累計を出してみろよ!びっくりするんじゃないのか?
てか、その金そもそも使っていい金なのか?
まさか借金なんかしてないよな?

さらに、自分の財布の中身を確認する。
そして通帳をみてみろよ。
この時計を購入する資金はあるのかと。
また、時計買っていていいのかと。
※この辺りは当てはまらない方もいるだろう





・・・さあ、最初の問いに戻ろう。
「これ本当に欲しいのか」
「本当に必要なのか」
「実際に着けることはあるか」
「対価に見合ったモノなのか」

終了10分前。
ほーら、現在価格が上がってきたぞ。

「それでなければだめなのか」
「今所有しているもので十分ではないか」

もう放流していいんじゃないのか?
入札しなくていいよ。
早く寝よう。

よくよく考えたほうがいい。
お金は大事だ。本当に。






posted by たいぞう at 22:59 | Comment(2) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。