2018年01月20日

seiko presage sarx019の分解

seiko presage sarx019の分解




sarx019 正面.png




今回の実験材料はセイコープレザージュSARX019
ホーロー文字板で有名なモデルの一つだ。
ホーローは「琺瑯」と漢字で書くようだ。
私の周囲では、琺瑯自体をあまり身近に感じない。
シリーズ名のプレザージュだけど
これもあちこちでセイコープレサージュと誤記されており
いっそのこと読み方を変えてしまったほうがいいのではないか
とさえ思えてくる。
ムーブメントアルピニストと同じ安定の6R15




sarx019 拡大.png




あまり現行(と言ってもこのSARX019
すでにディスコンで後継機はSARX049)の
モデルを購入することはないのだけど
久しぶりに買ってみたくなった。
このモデルは文字板のバランスがすごくいいと思う。
他のモデルはごちゃごちゃしていたり、余白が多すぎたり。
光が当たらないと、黒っぽく見える針・インデックス。
刺股みたいな秒針のカウンターは好みがわかれるか?

プレザージュSARX019ガラスカーブサファイア
凸レンズタイプだが、気持ち盛り上がっている程度。
オールドセイコープラ風防のような雰囲気とは
全然違うから、同じノリだろうと実物見ないで買うと
イメージの違いに驚くだろう。




sarx019機械 - コピー.png




早速裏ブタを外してしまった。
テンワが非常に小さい。
6Rに姿勢差が大きいように思われるのはこれが一因か?
時計のサイズが大きいため、機械の外周には
金属スペーサーが機止めネジで押さえられている。
オメガのCAL.564とかと同じ方式だ。
7S系の改良版ということで
このオ6R15オシドリは全く同じ位置・形状。
ちなみに画像ではローターで隠れてしまっている。




sarx019 分解 - コピー.png





sarx019 琺瑯 - コピー.png





SARX019の売りである琺瑯文字板
バラしたのはこれを生で見たかったから。
セイコーの公式画像では全く良さが伝わらないが
独特の艶があって非常に美しい。
琺瑯文字板の素材として抜群に相性がいいようだ。
光の当たり具合によって、表情が全く違ってくる。
外周部を見るとわかるがステンレスのケースに
押さえつけられて若干削れている。
インデックスセイコーロゴはプリントだし
決して永遠に劣化しないわけではない。





sarx019 針.png





この青い針ってどんなもんか?
青い針はオモテが着色されているタイプ。
裏面は塗装なしだ。
画像では、なんか安っぽいと私は感じたが
実際購入して手元で見てみると案外良い青だった。
青焼き針に近づいているのではないか?
ちなみに、光が当たると水色に近い色になる。

SARX019の売りは、やはり琺瑯文字板
それもPRESAGEシリーズの中でも非常に
デザインバランスが良く美しいと思う。
それ以外は、ほかの6Rシリーズと大差ないかもしれないが
時計の顔である、文字板にデザインの重点がおかれており
琺瑯文字板目当てで買っても満足できるだろう。
ちなみに径40o×厚13oは結構なボリュームだ。




sarx019 正面2 - コピー.png




シンプルなローマンインデックスだけに
欲を言えば、文字板外周のメモリを
もう少しシンプルにしてほしかった。
だが十分かっこいい。
個人的には漆の黒の同様のローマンのほうが好みだが
場面を問わずに使用できるスタンダードなモデルは
このSARX019だろう。
非常に良い。サイズが合えば。


posted by たいぞう at 15:44 | Comment(5) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

手巻きの時計の巻き方

手巻きの時計の巻き方

手巻き時計ゼンマイの巻き上げについて
少し検討をしてみることにする。
ベースの機構が違うし、その中でも機械によって
構造が全然違うから、手巻き付きの自動巻きについては今回は論じない。


手巻きの時計については
ゼンマイりゅうず巻き上げて駆動させる。
古臭いアナログな機構だが、100年放置していても
100年後に巻いて動かすことができるだろう、と思う。
動かすだけの前提にはなってしまうが。

機械式時計ゼンマイは、香箱という部品に格納されている。
香箱には、角穴車という大きな歯車がセットされており
りゅうずからキチ車、丸穴車を経て角穴車を回して
香箱内のゼンマイを巻き上げる。
香箱自体にも歯車がついていて
ゼンマイがほどけていく力を他の歯車に伝える。
ゼンマイはいっぱいまで巻かれると
それ以上巻き上げられなくなる。
無理に巻こうとすればどこかしら破損するだろう。

そして、いっぱいまでゼンマイを巻いた状態が
最も他の機構に力を伝えることができる。
結果テンプの振りは最大となり外部からの力による
歩度への影響が最小、時計の精度が最もよくなる。
ゼンマイは力を出し続けてほどけていき
その力は、ほどけるにつれて弱くなる。
だから、時計の歩度は何もしなくても変化する。
もちろん単にゼンマイの巻き具合だけを考えて
気温や摩擦、オイルの状態や部品の摩耗など
他の条件は考慮していない。





ここで、よく言われる手巻き時計
巻き方についてみてみることにする。

1.毎日同じ時間に巻く
  これはゼンマイがほどけることによる
  歩度の変化を一定の幅に収めようとする目的だろう。
  そういった意味で精度の「安定」に効果があると思われる。
  くどいけど、一定の進み遅れの振れ幅を維持する目的。
  
2.巻き止まるまで巻く
  ゼンマイがいっぱいまで巻かれた時が
  パワーリザーブ精度も最大・最良の状態だ。
  セイコーでもゼンマイはほぼ最大まで巻き上げることを
  推奨しているようにとれる。
  
  〜 以下 セイコーHPより引用・抜粋 〜

  機種によって異なりますが、
  機械式時計のぜんまいを完全に巻き上げるには、
  りゅうずを40〜50回程度回します。
  (りゅうず 1 回転は 360°回転することを意味します。) 
  ぜんまいが完全に巻き上げられている状態だと、
  一般的に約40〜50時間動きます。
  (72時間動くものもあります)

  ぜんまいの巻き方
  止まっている時計をお使いになるときは、
  手巻き式であればりゅうずを40回以上回して十分にぜんまいを巻き上げ
  自動巻き+手巻き式であればりゅうずを20回ぐらい回してぜんまいを
  巻き上げてから腕に携帯してください。
  〜 引用終わり 〜

3.巻くときに少し巻き戻す
  機械によっては、コハゼによる巻いた際の
  逆回転防止機構に少し遊びがあって
  りゅうずが少し反動で巻き戻る場合がある。
  この反動で機械を傷めないようにする目的と思われる。
  反動がないセイコーの4S24のような機械には意味はない。

いずれも一応納得のいく理由があったわけだ。





しかし、疑問が残る。
常にいっぱいまで巻いておけば、毎日同じ時間に巻く意味はない。
(巻く習慣づけという意味はあるかもしれない)
精度においても常にゼンマイの力が最大の方がよい。
こまめに巻き上げ続けてあげれば、歩度は一定に保たれ
最大の力で最良の精度を維持できるはずだ。
自動巻きの時計が常に巻かれ続けることで
それを達成していることも私の疑問の元と符合する。

最大までゼンマイを巻くことでゼンマイが切れやすくなる
といった記述をどこかで見た気がしたが
自動巻きで最大まで巻かれ続けるのが当たり前のため
手巻きでもその点は考慮されてゼンマイが作られている。
実際、ゼンマイの素材は4S系で共通でしょ?
古いのは知らないよ。
だから、最大まで巻かれ続けても問題はないと判断する。

ここで自己流の手巻き時計の巻き方を提案。
「こまめに最大まで巻く」
以上。


posted by たいぞう at 01:16 | Comment(4) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。