2012年09月19日

衰退ジャポン




2ちゃんで腕時計は必要かどうかについて
色々議論?されていたようなので
腕時計は必要ないと言う意見を検討してみようと思います。


特に若年層の
腕時計が必要ない主な理由

理由1.携帯で十分間に合うから
理由2.面倒だから


■理由1.携帯で十分に間に合うから

これは腕時計もそれ以外も
危機感を感じたほうがいいと思います。

腕時計自体そもそ趣味・嗜好性が強く必須のものではない。
なくても生きていけますし。

またスマートホン、が
PCやゲーム機デジカメや固定電話などほかの分野の機械
主に専用機を駆逐し始めているとのこと。

確かに、どれもスマートホンがあれば代用できてしまうものです。
もちろん腕時計なんかもご多分に漏れずと言った感じでしょう。
もともと必須でない機能を他で簡単に実現できてしまうのですから
スマートホンがさらに進化していけば
本当に上記分野を殲滅していく可能性があります。



■理由2.面倒だから

腕時計は必須のものではないので
これはわからないでもないのですが。

この理由からは以下に検討結果を示しますが
日本の衰退』を感じ取ることができます。

セイコーオリエントシチズンなどの国内メーカー
からは安価でそこそこの見栄えの腕時計が販売されています。
有名なカシオG-SHOCKだって数千円程度から購入できます。

基本的に腕時計は、アクセサリーや小物などの
ファッションアイテムとしての存在意義が大きいため
『面倒だから』と言う理由からは
自分に合うものを探すのも、着脱するのも『面倒』。
つまりファッションなんか興味ないよ
と言ったメッセージとも受け取れます。

その一方で、ブランドなどのカバンや財布を身に着けている人を
街でよく見かけます。
ヴィトンのモノグラムのバッグなんかは
15万円も出せば正規品が購入できますが
ロレックスなどは、人気のあるモノ例えば
エクスプローラー1(REF:214270)などは
価格コム最安値(201/9/18現在)でも約39万円です。
これまた人気のデイトナ(REF:116520)なんかは
約100万円です。
ステンレスの時計に100万を出す価値観の是非についてはさておき。

おかしなものです。
本当はブランドも欲しい、余剰資金があれば買いたい。
でも、実現しづらいから拗ねてごまかしているようにも取れます。
彼らも本音を言えば
金がない』、『余裕がない』のではないでしょうか?

必要性がなくなったのも大きな理由の一つでしょうが。
腕時計は、ある程度ステータス性と言うものは出てしまいます。
人間ですから誰しも見栄はあるわけで
その辺を気にしだすと最低30〜40万円の支出は必要と。

もちろん、時計なんて威張るための物ではないですし
低所得者でもローンで購入はできるけれど
ヴィトンの3倍くらいかかってしまいます。

個人的な意見ですが、腕時計ローンなんてアホくさい。
借金していいのは、無理のない住宅ローンと
事業に必要な場合だけだと考えます。

さらに言えば若年層は3,4万の普及価格の腕時計
購入するのもためらうほど収入は落ちている
あるいは余裕がないのではないか?

余剰資金があれば
必要ない』など、それらしい理由をつけず
TPOに応じて2,3本買うと思います。

装飾品以外の実用目的でも
ビジネスシーンや、接客業、医療関係で脈拍図る場合など
いちいち携帯電話なんか見てられませんし
水を扱う業務には防水腕時計がいいですね。

航空機内、試験場、災害時、会議式典
セキュリティのキツイ、新製品の開発現場など
携帯電話で時間が確認できないシチュエーションは
いくらでもあるわけで……
必要ないとの理由が、かえって余裕のない証にも見えるのです。

知り合いのガス工事屋は、時間を知る必要はあるが
電気が引火の原因になるらしく、携帯はもちろんクォーツだってNGで
完全なアナログが良いと機械式腕時計を愛用しています。


なにも、若い者の新しい価値観を下に見ている訳ではありません。
自分自身30歳で、必要に迫られて検討している訳で
それまでは自分で時計なんて買ったこともなく
腕時計は『必要ない派』でした。
ですから、上記の必要ない理由には自己分析も含まれています。


今回自分は、まとまった金額で購入する予定で
できれば自分の相棒になるような、また
多少は自慢できるものがいいな、とも考えています。


ですが、これにより感じたことは
腕時計の需要でさえ日本の衰退を暗示しているのではないか?
と言うことです。

思えば、新築マンションが売れないのも
自家用車が売れないのも
腕時計が売れないのも
先行き不安や若年層低所得化が理由と考えます。

これを念頭に改めて、できるうちに購入しよう
衰退しようとも、暴落しようとも後悔しない
余裕を持とうと心に決めました。







posted by たいぞう at 00:05 | Comment(2) | ROLEX購入検討等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シナの香港の金融界では、求職面接のときに、最低でもROLEXを付けていないと信用されません。そういう文化なんです。

個人としては今のROLEXはブランドコントロールとしてのネヅケがされているので、買う気はありません。ロレ購買者のほとんどはシナ人です。
Posted by NINJA300 at 2014年03月23日 14:58
NINJA300さん
最低でもROLEX・・・ですか。唯物的と言うかなんというか。

ブランドから連想するイメージって大事だと思います。他のブランドでも「チンピラのブランド」とか「成金のブランド」みたいなところありますもんね。ロレは元々その気がありますが。
Posted by たいぞう at 2014年03月30日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。