2014年03月01日

グランドセイコー評価


グランドセイコー評価
って検索ワードでよく引っかかっている。

私は他人の評価なんぞどーでもいいと考えいて
ネットの誰かもわからん、ステマかもしれない記事を
見て、一喜一憂して自分好みと違うもの買って
後悔するより最初から好きなものを買うのが正解。
周囲に時計に詳しい人がいても意見を聞く必要はないと思う。
失敗しても責任とってくれるわけじゃないし。
そうじゃなきゃオールドなんて買えない。


そんなんでグランドセイコーについて書いてみた。
最近のグランドセイコーの復刻
特に初代と、44GSの復刻の人気があるのは
元ネタがいいからと言って間違いない。
どちらもオールド物でもプレミアついてるし。
さすがにカッコいいので44の復刻は欲しいと思った。
買えなかったけど。

個人的な意見になるけど44ってムーブメント
キャリバーナンバー4420B」から来ている。
これは5振動のロービートで自社検定ながら
クロノメーター規格をパスした44キングセイコー
クロノメーター(4420A)の流れを汲むGS用キャリバー。

5振動の高精度ムーブの開発からってのは
コストが掛るのはわかるけど8振動での復刻って所だけが
非常に非常にひっかかる。
まー44の元ネタがETA1093とかだしで当時のムーブ
復刻が困難なのは理解できるけど44名乗るなら
中身もそれなりにしてほしかった。

そんなかつての44系の唯一の日付つきモデル
キングセイコー4402-8000これが某億だと2万位で購入できる。
部品取りとかで計3つ買って、高い革ベルト買って
OHしても10万しない。
それと比較すると現行を買う気が起きてこない。
まー防水はいけてないし趣味の問題もあるだろうが。

現行の特にグランドセイコーって
ダサいとは思わないけど
どうもバランスが悪いと思っていた。
これ文字盤の3連ロゴブレスレットが原因じゃないかと思う。
完全に個人の趣味だけど
革ベルトモデルを見るとそこまでバランスが
崩れているようには思えないし
44復刻と同時に出たブレスレット版は全く
惹かれるものがなかった。
文字盤3連ロゴとバックルのでかいロゴは
某王冠ブランドに負けない程主張していると思う。
3連ブレスになぜかついている
ポリッシュラインとかもちょっと・・・


初代グランドセイコーは、今のエッジの効いたケースの
グランドセイコーとは全然デザイン的に違うし
実用時計の最高峰を目指して価格的にも超高価だった。
初代が販売された翌年ダウングレード版ともいうべき
クラウンスペシャルが発売されたわけだし。

SEIKO44GSで「セイコースタイル」が
確立云々言っているけど当初グランドセイコー
担当していたのは諏訪工場
44グランドセイコーを製造したのはキングセイコー
担当していた「亀戸工場」。
当時はセイコー内に製造部門が2つあって
それぞれGS、KSの製造を担当していた。
それぞれ担当のブランドにはかなり思い入れがあっただろう。

当初からGSを製造していたところじゃない亀戸の44
もってセイコースタイルの原点なんて言っても
諏訪のエンジニアやデザイナーはこれどう思って
いるのかとか考えてしまう。
それに横文字でももう少しましなと言うか何と言うか・・・
私はセイコー贔屓だと思うけど、そう思ってしまう。

次の復刻は何だろうか。
今出してもまったく古臭くないのは
グランドセイコーセルフデーター(所謂セカンド、57GS)
62グランドセイコー
このあたりかな。

62GSなんかケース形状がセクシーでかっこいい。
あえてGSじゃなくて62マチッククロノメーター
復刻もアリかも。
もちろんオフィシャリーサーティファイドで。
いずれもロービートだけどどうなるものか?
個人の趣味だけど62には手巻きと10気圧防水
追加してもらって大丈夫。
セイコーは精度や耐久性などハード面は信頼できるし。
まー復刻は今後にも期待。





posted by たいぞう at 21:19 | Comment(0) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。