2015年09月25日

オーバーホールはどこへ出す!?



日本ロレックスなどのメーカーで
「ちゃんとオーバーホールしてくれる」ところは
メーカーオーバーホール一択でしょう。

OH (2).jpg




オメガ(SGJ)なんていまだにオールド500番CALも
純正(代替)パーツを用意しているし
スイス送りで高額かつ長期拘束されるが部品作製も一部行っている。
日本ロレックスなら基本料金に外装研磨も込みだし
当然純正部品での修理がなされ社外パーツでの修理や
部品すり替えのリスクも無い。
日本ロレックスの正規OHは、マーケットでは
「真贋鑑定済み」と同義なことも大きい。
精度も規格内に追い込んでくれるだろう。
通常メーカーOH後は一定期間保証が付くので安心だ。

時計店探しが困難か?・・・
金額としては町の時計屋に頼むより2、3割高くつくかもしれない。
しかし、当たり前なんだけどOHは出してみないとわからない。
前に56系OHに初めて出した時にすごく苦労をしたけど店探しは大変だった。
せっかく探した店が「ちゃんと修理」できないこともよくある。
修理内容に比して高額な請求だったり
ムーブやケースに傷をつけられたり
交換不要なパーツを余計に交換されたり
非純正にすり替えられたり
そもそもヘタクソだったり・・・
素人は裏蓋開けて中身を確認しないと思っているのだろうか?

機械式時計を「ちゃんとOHできる」
店を探したことがある方なら共感いただけるだろうが
1からの店探しの苦労は半端じゃない。
メーカーOHできるってのはすごく幸せだと思う。
店探しが楽しいという方には当てはまらないかもしれないが
大抵OHは必要に駆られて対応することになるので
急ぎの案件が多く、楽しむ余裕はないのではないだろうか?
特に初回は。

店を探す手間や探した店の技術・信頼水準の確保
外装研磨や保証などアフター面を考えるとメーカーOHが結果として
精神的な負担もなく時間もお金も節約できるのではないか?

デメリットは。。。
ただ、メーカーの保証基準があるためOH内容に融通が利かない
すなわち部分修理などの個別オーダーがし難い事と
前述のとおり、拘束期間が1,2か月と長い点
金額も相対的に高い点がマイナス面だろう。
後は、メンテナンスの受付時間が平日9-17時であることが多い
と言ったぐらいだろうか?(大抵郵送対応はしている)

さらに、並行差別
・・・国内正規品以外のメンテを高額にしたり、メンテ拒否をする・・・
があるブランドや他に信頼できる時計屋がある方
スイスなど本国送りであまりに高額になる時計個体などは
一考の余地ありでしょうな。

メーカーで基本OH受付ができない
オールド物を集めていてそう感じた。

OH (1).jpg



posted by たいぞう at 00:18 | Comment(3) | 修理など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はオメガのスピードマスターを持っています。今年の12月で6年目を迎えるためオーバーホールを考えています。オメガ公式ホームページを確認したところメタルブレスレットで6万5000円からの様です。考えていた予算をオーバーしているうえ時計本体の価格を考えると一歩踏み出せないのですがやっぱりオメガはオメガでオーバーホールをした方がよいのでしょうか?
Posted by MSB at 2015年10月06日 00:05
こんばんは。
かつて所有していたオメガシーマスターとジュネーブ、私の中での基準、日差±60秒を超えると近所の時計店でOHしてました。
日差+10秒位に調整してくれて税込8000円でした。旧市街地の昔ながらの時計店です。
Posted by とらお at 2015年10月06日 19:31
MSB様

コメントありがとうございます。
オメガのスピードマスターであれば手巻きの一部のムーブ以外は街の時計屋でも十分に対応可能だとは思います。

OH全般にあたってブログ本文では私の意見を書いています。実際にどこへOHに出すかは個人の考え方があると思いますので、MSB様が良いと思ったところで良かと思います。
Posted by たいぞう at 2015年10月11日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。