2015年10月18日

オールドセイコー52系


オールドセイコー52系

オールド好きには有名な52系
旧機械式時代末期のセイコー(第二精工舎)が送り出した
自動巻きの傑作機。
デイトジャストする系統と
しない代わりに日付変更不可時間帯が無い系統の2系統が存在する。
日付早送りの際に、ゼンマイも一緒にまかれるのもこの52系の特徴。
画像の5256Aは日付変更不可な時間帯が無いタイプ。




5256A (1).jpg





緩急針周りは複雑だけど、見た目は
角穴も丸穴もあっち向いていて
ご覧のとおり何の面白味もないなー。
ただ受けが多く露出するのでその辺の手入れのし甲斐はあるはず。
素材の関係なのか?
回転錘は腐食しやすいけど、この個体はまだ大丈夫。
手巻き機構もついていてジリジリと基本的に巻が重いのが特徴らしい。
だが、持っているうち1つは手巻きも非常に軽いので
調整とかでなんとかなるのではないだろうか?
あとは、手巻きで最後まで巻ききるのが指が痛くなり
難しいくらいの重さを誇る。
どことなく現代の6Rの手巻きの巻き心地に似ている気がする。




5256A (2).jpg




52系は何個か持っているけど
あまり好きになれないのはノンデイトが無いから
と言うのと、外装・ムーブメントが現代的すぎて
オールド感が無いからなのだと思う。
特段弱点が無くいい機械なんだけど……
単なる好みです。
好きな方にはすみません。
まーセイコーが機械式を再開した際に利用したのがこの5256Aのベース5216A。
復刻してノンデイト手巻き化した4S24あたりは
ちょっといいかもなんて思ったり。
このころのセイコーのセンスは好み。
今更ない物ねだりだけど、今後に期待したい。





posted by たいぞう at 22:51 | Comment(4) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
5256AはKS用ですね。先述のとおり私は5216搭載のLMSPを愛用してます。手巻きの時のジリジリ感がいいんですよ。OH歴不明ですが、平均日差+15秒位です。本当は中の様子が気になるのでOHしたいんですが・・・。冬のボーナス待ちです。
( ゚Д゚)
Posted by とらお at 2015年10月19日 19:32
とらおさんこんばんは。

本文の画像はKSバナックSPのものです。復刻した4Sもやっぱり手巻きジリジリなんでしょうかね。
Posted by たいぞう at 2015年10月21日 22:04
こんばんは。バナックの表(文字盤)の画像も見たいです。先日、オクで六角形のバナックを見ました。欲しい病が…。
( ゚Д゚)
Posted by とらお at 2015年10月23日 19:07
とらおさん

遅くなりすみません。あれは先日手放してしまいました。型番は5626-6000のVANAC SPです。
Posted by たいぞう at 2015年10月31日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。