2016年03月06日

やっぱりオールドオメガでした


道で知らないおばあさんが倒れたんですよ。
私は子供二人を抱えていて少ししてから気づいたけれど
その場で一番近くに居た、第一発見者(状況的にほぼ確定)が
その一連の様子を最初からずっとスマホでパシャパシャ写真を撮っていた。
倒れたおばあさんの画像を撮っていたんだ。

○国人だ(○には好きな言葉を入れてみよう!)。
そして、自体が収拾するのを確認すると
○国語で何かベラベラと叫んで去って行った。
幸い周りの人たちがワラワラと駆けつけて
おばあさんは無事に何事もなく帰って行ったんだけど。

ここだけを切り取って一部が全部と言うつもりはないし
ナショナリズムを振り翳すつもりはないけど
これはさすがに人間として良くないね。
いや、助けろとか親切にしろとかいうつもりはない。
だがしかし、画像撮ってどうするんだ?と問い詰めたい。
まじで小一時間問い詰めたい。



脱線終わり。
件のシーマスター、少し調べたが、50年以上前の時計だ。
私の所有する中で最も古い。
一時期あった時計が欲しくて欲しくて買ってから考えよう的な行動や
欲しくないモノでも買ってみたりとかが少なくなった。
いや、これは病気なもんでいつ再発するかわからないけど。




CAL600 (2).png




なんかいいんですわ。これ。色気があるのですよ。
それは国産では決して得られない満足感。
似たようなクラウンやマーベルなどあるけど別物なのですよ。
国産は国産でいいのだけど真面目なしっかりさんと、惹きつける色気・・・
同じような顔をしているのに永遠に交わることが無い。
両立している時計を見たことが無い。




CAL600 (1).png




クオーツじゃだめで、もちろん電波とかもだめで。
機械式だからいいわけで、実用性とか二の次で
趣味なんだから正確さとか、効率なんて通用しなくて
そんなもの最初から求めていない。
私のストライクゾーンはかなり狭いという事は理解している。

CAL.600ならば同様のジュネーブでも同じだっただろう。
ただ、CAL.601ではどうかわからない。
ヤツはスワンネック緩急針を採用していない。
まー前回も書いたけどCAL.600は
オールドオメガの本流ではないかもしれないけどね。
それでも、中の機械の影響は大きい。



posted by たいぞう at 23:54 | Comment(2) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。私が以前所有していたのはこのモデルです。〈毎度ですがオクから画像借用しました。)http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t467093367 エッジの利いたケース、印刷ではないバーインデックス、シルバーケース(ステンレス)の合わせ技は珍しくて、根気よく待って、5年程前にオクでOH済みのを5万円位で購入しました。精度も良く、日差+3秒位でした。不注意から湿気が入ってしまい、それから文字盤がダメになってしまいました。リダンしましたが、昨秋のコレクション整理の際に手放しました。価格だけではない「品格」のようなものを感じさせてくれる時計でした。冠婚葬祭等を中心に活躍してくれました。コンデションの良いものに出会えたらまた手元に置きたいですね。( ゚Д゚)
Posted by とらお at 2016年03月21日 09:38
とらおさんこんにちは。

スクエアタイプは素敵ですね。外装交換に難儀するため個人的には避けてしまいますが・・・ただ、こうして見ると国産には国産のスイスにはスイスの良さがうかがえます。同じ時計なのに見ていて興味深いです。
Posted by たいぞう at 2016年03月26日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。