2016年06月24日

オレたちのキングセイコー


流れ的には前回のローレルの続き
搭載機械の4Sについてのぐだぐだ話です。

セイコーはクオーツ腕時計を1969年に発表してから
その普及とともに腕時計を高級品から量産品へと変えてしまい
セイコー自身も機械式時計の生産を一度やめている。
一部の輸出用5などを除いてらしいが。
そして1990年代に入ってセイコー機械式時計の
再開の旗印になった際のムーブメントが4Sシリーズだ。
かつてのキングセイコーSPロードマチックSPに搭載されていた
第二精工舎製の52系の機械がベースになっている。
52系の機械はセイコーの旧機械式時代の終盤に
開発された小型・薄型の自動巻きムーブ。
その4Sに現行で対抗ムーブとなるのは6Rだろうか。

という事で52≒4Sのため出自は良好。
「機械の中身」はともかく、少なくともイメージにおいては
(5上がりの)現行6Rとは比較にならないだろう。
ちなみにこの4Sの中古販売の売り文句でよく聞く枕詞が
「人気の」とか「幻の」・・・
でも廉価〜高価格帯まで色々出していてそんなことはない。
ディスコンなので、基本中古流通から手に入れるしかないだけ。

さて4Sの先祖は第二の52系だけど
キングセイコーの最終形に搭載されたCAL.5256Aで
機械径25.60o×厚さ4.20oだった。
ちなみにこの対抗となっていたであろう諏訪の自動巻き56系は
56グランドセイコーに搭載されたCAL.5646Aで
機械径25.60o×厚さ4.50oだった。
どちらも手巻き付、切り替え車式自動巻きで28800振動、デイデイト。
ちなみにETAの代表的な自動巻き2892A2は
機械径25.60o×厚さ3.60o
手巻き付の自動巻きで28800振動、デイト。
しかし、ウラブタ開けてローレル搭載CAL.4S28(手巻き)を見ても
手巻き専用の3/4受けのせいで「お久しぶり」と言った感じはない。

ロードマチックキングセイコーなどの
現在の流通量を見てもわかるとおり
70年ごろ、小型薄型自動巻きで腕時計マーケットを
席巻していたのは諏訪の56系
個人的には第二は何としてでも諏訪の56系より薄型を
実現して締め括ろうとしていたように思う。
漠然とだけど「オレたちのキングの方がすごいんだ」的な?
ただ、当時の小型薄型も今となっては特段のサイズにおいて
アドバンテージはなく、4Sを復活させた90年代においても同じはずだ。
52系は56系を超える薄型自動巻きを目指して
精度に直結するテンワさえも小さくする代わりに
(ウラブタ開けて見てわかるけど明らかに小径:56比)
8振動ハイビートとレギュレーター周りを充実させることで
精度維持をしつつ薄型を実現したんじゃなかろうか。
機械の構成部品数も56系より3割増だったはずだし
組み立て・調整も含めればコストのかかる≒高級?
ムーブと言えるのは間違いないのではないか。
しかも、最終のCAL.5216・5256は日付変更不可の時間帯をなくしている。
これは同じ52系前モデルCAL.5206・5246系統の改良と言うだけでなく
仮想敵56系の弱点である日付変更機能の破損に対しての改良ではないか?
まー当時56系の弱点が弱点として認識されていたかはよくわからないが。
そして小型薄型自動巻き競争?で56系を打ち破った。
第二精工舎らしいチャレンジングなムーブメントだ。

そんな52系を先祖にもつ4Sだけど
前述のとおり4Sの方が現行6Rに比べてイメージが圧倒的に良い
1.4Sはクレドールや復刻キングセイコーにも搭載された
2.かつての52系をベースにしている
 (52系は第二精工舎の実質ナンバー1、2にのみ搭載の高級機)
3.52系、4Sともに公認クロノメーターをパスした実績がある
4.デフォルトで8振動ハイビート
これが4Sの大きな特徴ではないかな?
機械式時計において歴史やイメージってのはものすごく重要だ。
52系で締めくくった際の魂を受け継いでいると思えばなおさら。

で、その4Sなんだけど、立ち位置は今の6Rとやはり同じだと思う。
低額〜中高級までグレード分けして付加機能があったりだし
平品のメーカー公表の日差 +25秒から−15秒も同じだし
機械の装飾がほとんどないのも同じだし。
でも、4Sに特別な思い入れがない限り
6Rの現行買う方がいいんでないの?と思う。
ローレルみたいなのは今はないから過去の物を買うしかないけど。
まー私は56系の方が好きと言う取り留めもないオチで今回は失礼。


posted by たいぞう at 15:36 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログを拝見し56GSのカッコよさに心を奪われ最近オクで購入してしまいました。オールドでは今までかなり散財したのでこれで最後にしたいですが、この時代の大きさや雰囲気はいいですね、精度は度外視です。
Posted by 62GS at 2016年06月25日 14:45
こんばんは。
手持ちのLMSP5216‐8020。とても快調です。
私は中間管理職なので、控えめな
この時計が、とても重宝してます。
( ゚Д゚)
Posted by とらお at 2016年06月25日 18:57
62GSさんこんばんは。

そんなにかっこいい画像ありましたっけ!?
私もオールドセイコーのサイズ感がぴったりなので重宝しています。
あと、56系でしかもGSであれば62GSさんの個体も精度に期待できるのではないでしょうか。
Posted by たいぞう at 2016年06月26日 00:44
とらおさんこんばんは。

私の職場は、他人の持ち物にうるさい方が多く、現行だとなんとなく価格がわかってしまう節があるためオールドがすごく使いやすいです。
キングセイコーなんて誰も知りません(多分)
Posted by たいぞう at 2016年06月26日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。