2013年11月10日

黒文字盤に交換?



最近オールドセイコーに少し嵌っているが
基本的に流通しているものは白(銀)文字盤
大多数のため、それ以外の色の物が気になってしょうがない。

この時代は、文字盤は白が正式と言うか
スタンダードだったらしいから仕方ないが
さらに反動で?バナックとかも気になってくる。

ちなみに文字盤って文字板とも表記するみたい。
どっちが正しいとか興味はないけど暇なときに調べてみようかな。

他メーカーで所有する時計も
ROLEX(ロレックス)REF.16570 エクスプローラー2(白)
TUDOR(チュードル)REF.76200 プリンスデイトデイ(銀)
BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)
 クラシマエグゼクティブ
 デュアルタイムパワーリザーブ(白)

みんな白系で。。。
他に持っているロレックスのサブが黒文字盤
スーツとか着ていても文字盤の色で気分を
変えたい時ってあるもの。

特にシンプルな3針では手持ちだと
黒文字盤セイコーSARB033もあるけど
愛用の44キングセイコーと比べると
外装は格段に落ちるし、あの手のデザインで
ケース径39oってちょっと大きいなってことで
最近は完全にベンチウォーマー。

そこでチュードルプリンスデイトデイ
文字盤交換を検討してみた。

私にとってはチュードルも十分に高価な物なので
たかが文字盤とはいえ、オークションなどに流通する
怪しいジェネリックや中古を導入する気にはなれない。

そこで正規ルートでバーインデックス黒文字盤
変更する場合はどうなるか、日本ロレックスに確認してみた。

まず金額・・・
文字盤33,000円
工賃10,000円

合わせて43,000円に消費税がかかり
トータルで45,150円

ちなみに現状で、価格改定の予定はないとのこと。
時計本体は値上げなので念のため。




そして納期・・・
日本ロレックスに現状で文字盤の在庫がないため
取り寄せとなり3か月くらいかかるとのこと。
電話で問い合わせたが非常に丁寧に応対してくれた。


うーん年内回収は難しいなー
それに4万あればかなり状態のいい
キングセイコーオークションで落とせるだろうし・・・

それなら、黒とか濃紺とかの文字盤キングセイコー
落としてもいいかなーってことでちょっと検討を
続けることにした。



posted by たいぞう at 18:22 | Comment(0) | ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

オイスタークオーツ



またまた、病気が出てきました
ロレックス デイトジャスト
オイスタークオーツ REF.17000

が気になってしょうがない。
ソリッドな外観が新鮮。

しかし、簡単な調査をしてみたところ
機械式よりランニングコストが掛りそう。

ロレックスだからメンテは日ロレ
持ち込みたいところ。
コストはどうなんだろう?と言うことで
アバウトに計算。

1.まず2年に1度電池交換@5,000円  これが意外に面倒みたい 
  何しろ営業9〜16時半までの日ロレだ

2.電池交換3回に1回は強制オーバーホール
  つまり6年に1回は強制OHとなる(らしい)
  @45,000位

3.パーツ交換の上乗せ料金
  電子基盤やモーターなどは各5万前後と強烈


つまり6年間で最低6万は必要
そのうちOHと電池交換で各1月と見ても
3か月は日ロレに預けなければならない期間が
発生するためその期間を差引して・・・
つまり年間10,400円程度のコスト

12年目に基盤交換したら
年間14,000円程度

トータルで16万ほど
中古購入しかないから
外装部品(ガラスやブレス)交換が必要なら
さらに10万位プラスかな。
2000年位までオイスタークオーツ
生産されていたようで、部品在庫に関しては
むこう10年位は心配ないと思う。


一方の機械式 所有のサブ14060m
OHが45,000円として
5年に1回OHするとして日ロレへ。
10年目に2回目のOHでリューズなどの交換が
色々発生して70,000円かかったとする。
ベゼル交換でもこの5桁サブなら
部品代で8,000円程度だし。

OHに1か月程度とみてその期間を引いて
ザックリ年間で11,700円程度
12年で14万位。大差ないか?

しかしリスク覚悟で
OHに動かなくなるまで出さない」
選択もできるから自由度はある。

クオーツ電池交換
町の時計屋にお願いすれば
費用は激減すると思う。
2年ごとに必要で、そのたびに
リスクもあるけど・・・


● 感想
メンテナンスが日ロレ前提なら
コストは大幅には変わらないかも

クオーツは時間は合わせはいらないが
電池交換の手間がかかる
(使えない期間が結構ある)
なんだか面倒になってきました

● 結論
いつ買うか?
いつでもいいや。
保留・引き続き検討


posted by たいぞう at 23:41 | Comment(4) | ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

社外ブレス






本日は時計ベルトでは有名なバンビの
メタルブレスレットを検討します。

このメーカー明らかに某R社を意識したと思われる
ブレスレットもラインナップしています。

具体的には
ジュビリーブレスタイプ
プレジデントブレスタイプ
オイスターブレスタイプ
それぞれ金色とのコンビなども用意しています。


前々から気になっていて無垢だし
これ、サブにぴったり合うかな?なんて思いつつ
購入してみました。



今回購入したのは
オイスターブレスタイプのラグ幅20oの物
バンビのオスカーシリーズです。
巻きブレスではなく無垢駒を使用しています。
実売価格は7,000円前後。

ちなみにラグ幅20oですと
オイスターでもジュビリーでもプレジデントでも
付属の弓カン(ロレックスで言うフラッシュフィット)は
ケース径40oにピタリと合う曲線になっています。

ので、36oDJなどにはそのまま利用できません。
残念。見た目はいいのに。ちなみに上記バンビは全てフラッシュフィット
別になっているタイプです。

本家との違いは以下な感じ
・割ピン方式で安っぽい
・側面がポリッシュ
 14060mの場合は側面サテンなので
・バックルの意匠が違う
・中コマも含めて全て無垢駒
・付属のフラッシュフィットはバネ棒穴の位置が合わない

バックル・割ピンはしょうがないとして
ブレス側面は紙やすりでこすって
ヘアラインを入れました。

フラッシュフィットは本家ロレックス純正の物を
利用して、実際にサブに着けてみました。
※ブレス接続部分を若干やすりがけしました



上が本家、下がバンビ 
テーパード感も似ています

IMG_0916.jpg





こちらは下が本家
バックルはエクステンションがある分本家がゴツイ

IMG_0917.jpg





ロレックス純正ブレス
エクステンションはペラ板で
微調整が利かず使えない

IMG_0921.jpg





駒側面は自分でつや消し加工済み
駒自体は全部無垢でR社より上か?

IMG_0923.jpg




違和感ないでしょう?

IMG_0922.jpg





まぁ、バックル見れば一発で判別できますし
ディティールに違いはありますが
パッと見わからんでしょう。

物はバンビの既製上級ラインなため
仕上げもそこそこに感じますし
付け心地も本家と大差ない気がします。

純正ブレスを無くした?方や
ケチりたい方はいかがですか?
バンビの回し者ではありませんが
本家の1/10以下で購入できますよ。

しかし、これを考えると
いかに904Lを使っているとは言え
ロレックス純正ブレスは(私のような庶民には)
お高いですな。




posted by たいぞう at 22:24 | Comment(2) | ROLEX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。