2017年09月09日

時計における都市伝説の検証




本当はどうなのか?

・10気圧防水と100M防水
 → 定義から明らかに別物
   でも10気圧防水や100M防水を同じ条件で負荷をかけて
   実際どこまで耐えられるのか?
   規格上の性能だけでなく実際の性能をを知りたい
   メーカーが違うとそれだけでばらつきが出るから
   セイコーあたりで試してみたい
   5気圧・50Mや3気圧・30Mなども

・時の経過でオイルが乾いてしまう
 → 理解はできる
   では実際どれくらいの経過でどれくらい乾燥するのか?
   オイルごとに、環境ごと
   (ずっと密閉や空気の出入りあり、温度差ありなしなど)に
   3か月、半年だけでなく3年とか5年では?
   どうなっていくのか?知りたい。すごく知りたい。
   時間のある方や時間経過と同等の影響を与えられる環境を
   お持ちの方ぜひお願いします。

・Dバックルと尾錠の革ベルトに与えるダメージの違い
 → これよく言われているけど
   どちらがどれくらいダメージが大きいのか?
   革ベルトを何種類か2本ずつ用意して
   つけ外しを500回くらい?行う。週5で約1年使用した感じ?
   ベルトの持ちにおけるDバックルの優位性はいかほどか?

・お湯、温泉、洗剤によるパッキンへの影響
 → シリコングリスが洗い流される?
   パッキンが劣化する?
   つける時間、温度、泉質、洗剤の種類色々選べて楽しそう
   そりゃ時計にはやらないほうがいいような気がするけど
   それぞれの環境でどれがどれくらい影響があるものか?

誰かに試してもらいたい。
全部やったら結構壮大なブログネタになると思う。
お願い申し上げ仕り候。


posted by たいぞう at 15:25 | Comment(0) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

同じ時計を3つ買う

同じ時計を3つ買う・・・

私の場合は気に入ったオールド時計は
3つ(以上)入手している。
カラーバリエーションとかではなく同一モデルをだ。




4s24-0030.png




同じものを3つ買うその理由とは?
先に私の見解を述べておこう。
これはそのモノに対する「愛」、「実用」、「病気」
いずれかの理由により成立しているものと考えている。
ヲタク買いと一般に言われるもので
上記の病気以外であればなんの問題もないだろう。

時計ブログを見て
「同じものを3つ買うなんてねーよ」
と思うだろうが、時計だから違和感があるわけで
日常、同一のものを複数買う例はいくつでもある。

例えば、食料品や一般消費財。
奥さんが特売で複数個購入するなんて普通だろう。
タバコが値上げだってんで、買い込んでおくとか
好きなお酒が少しお得に手に入るから、この際まとめ買いしようとか
旅行のお土産でみんなに同じものを・・・とか
友達の子供にケンカしないように同じものをあげようとか。
まーいくらでも出てくるだろう。
私の職場の先輩は同じ靴下を大量に購入する。
劣化したら処分しても、残りの他全部とペアにでき
ロスが少ないからというのがその理由のようだ。

ちなみにその先輩はオーダーシャツを
やはり3つ同じように作って購入すると言っていた。
色違いとかではなく「同じ物」をだ。
話を聞くと結構こだわりのもので
生地や色、ステッチからパターンの詳細まで詰める
ほぼ1から自分で作っていく労力がかかっているから
1つ買うのでは割高だと言っていた。
私の時計より高額なので驚いた。
シャツは人生で一番長く着るものだから
こだわりたいとのこと。
私がそれを、のび太ファッションだと言えば
先輩は「同じ時計を3つ買うやつはいないだろうけどな
と返してきた。
(その先輩は私が安時計好きということを知っているが、
同じものを3つ買っていると話してはいない)
自分の好きなものには目がない・・・
私は時計、先輩はシャツ。
で、相手の趣味はよくわからない。
趣味の違いを端的に表していると思う。
まー理解しあわなくたっていいのさ。
ただ、子供じゃないんだから理解できないことについて
相手を攻撃しちゃいけないよ。

一方、ヲタクが同じマンガを3つ購入する。
フィギュアや、AKBとかのアイドル関連グッズを
何個も一人で買ったりしているよね。
自身の趣味に当て嵌めれば心当たりはあるのではないだろうか。

それで、この3つ買いの例の前半は実用目的で
後半は物に対する愛や病気が理由と考えられる。
要素は複合するのでシャツの件は実用と愛だろう。
アイドル系は一部実用要素も含むかな。
オールド時計については交換部品や外装の確保目的という
大義名分があるため愛と実用だろうか。
だから
好きなものに関しては3つ買っても何ら問題はない
という自己正当化を長々と書いてみた次第。





それでね、今日はもう少し続けるけど
ネットを見ていると腕時計は心理的に
「異性とのかかわり方」などを表すんだと。
明確で私が納得できるような根拠はなかったけど
まーなんとなくでいいよそんなの。
今回のネタということで
その辺のツッコミはなしにしましょ。

それによると
(と言ってもいくつかのサイトで同様の言及をしている)
いろいろな時計をとっかえひっかえつけてるのとか
ひと夏だけダイバーウオッチをつけるとかは
どーもチャラいんだと。
浮気性なんて書かれているサイトもあった。

時計を異性に例えれば確かにそうかもしれない。
それでは私の場合はどうなんだ?
時計をいろいろ持っているうえに
お気に入りは3つずつ持っている。
いろいろ持っているや、とっかえひっかえは答えが出ていたけど
いろいろかつ複数は答えがなかった。
だから、かわりに私が答えるけど
自分で言うのもおかしいが単なるバカだと思うよ。

私は時計にほぼ全力投資しているから浮気する
金銭的・時間的余裕はないんですが!?
むしろ私の奥さんから見れば
健全とも思えるのではないだろうか。
だって、仕事から帰れば明日どの時計にしようか
ニヤニヤコレクションを眺めているし
休みの日はちゃんと家にいて時計いじってるんだもん。
という自己正当化で締めてみよう。

posted by たいぞう at 10:06 | Comment(2) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

グランドセイコーのロゴ

久しぶりに記事をいろいろ投下できた。
仕事は忙しかったし、PCが突然壊れて
バックアップもとっていなかったからデータ抜き出したりと
えらいことになっちゃってて・・・。

それでネタが少し古いけれど
グランドセイコーのロゴが変わった。
これはとてもすごいことだよね!?
セイコーにしてはかなり思い切ったことをしたと思う。
SEIKO GS GRANDSEIKOのセットロゴって
60年代前半の57GSが初登場だったっけ?
半世紀続けた伝統をよく打ち破ったなと。
社内でどんな変化があったのだろうか。

まだ、見慣れていないせいか
ネット上では賛否出ているけど
私は結構いいんじゃないかと思うよ。
どうせなら公式HPの時計の画像も頑張ればいいのに。
現行のは一本も持ってないけどセイコーは大好きなので
応援していますΣ(゚ロ゚;)ナニイッテンダコイツ 
最近ステンレスよりも貴金属の時計に興味があるので
そのうち、金無垢のGSなんかいってみたいなー。







laurel 4s24.png
seiko laurel 4s24-0030 

貴金属の時計って大抵革ベルト仕様になっていて
所有している銀無垢系も全部革ベルト。
それを普段から使っているから
今の時期でも革ベルトで運用している。
確かに夏は暑くて革ベルト向きの季節ではないけれど
それほど汗をかく環境でもないので十分使用できる。
ベルトを変えると時計の印象が、がらっと変わるから面白い。
お気に入りの時計は大抵複数本持っているので
事前にセッティングしておいて、朝の気分で選ぶ。

私のような素人が見ても、革製品ってグレードが
結構ダイレクトに出る素材だというのがわかる。
そして価格と質はおおむね比例する。
良いところでオーダーなんかしてみたいけど
金もなけりゃセンスもないのでおあずけ。
時計ベルトのオーダーって贅沢ですな。
一本にかける愛情というか、満足感というか
違うんじゃないだろうか。
私のは時計もベルトも庶民価格なものばかりだが。



posted by たいぞう at 08:00 | Comment(0) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。