2018年01月20日

seiko presage sarx019の分解

seiko presage sarx019の分解




sarx019 正面.png




今回の実験材料はセイコープレザージュSARX019
ホーロー文字板で有名なモデルの一つだ。
ホーローは「琺瑯」と漢字で書くようだ。
私の周囲では、琺瑯自体をあまり身近に感じない。
シリーズ名のプレザージュだけど
これもあちこちでセイコープレサージュと誤記されており
いっそのこと読み方を変えてしまったほうがいいのではないか
とさえ思えてくる。
ムーブメントアルピニストと同じ安定の6R15




sarx019 拡大.png




あまり現行(と言ってもこのSARX019
すでにディスコンで後継機はSARX049)の
モデルを購入することはないのだけど
久しぶりに買ってみたくなった。
このモデルは文字板のバランスがすごくいいと思う。
他のモデルはごちゃごちゃしていたり、余白が多すぎたり。
光が当たらないと、黒っぽく見える針・インデックス。
刺股みたいな秒針のカウンターは好みがわかれるか?

プレザージュSARX019ガラスカーブサファイア
凸レンズタイプだが、気持ち盛り上がっている程度。
オールドセイコープラ風防のような雰囲気とは
全然違うから、同じノリだろうと実物見ないで買うと
イメージの違いに驚くだろう。




sarx019機械 - コピー.png




早速裏ブタを外してしまった。
テンワが非常に小さい。
6Rに姿勢差が大きいように思われるのはこれが一因か?
時計のサイズが大きいため、機械の外周には
金属スペーサーが機止めネジで押さえられている。
オメガのCAL.564とかと同じ方式だ。
7S系の改良版ということで
このオ6R15オシドリは全く同じ位置・形状。
ちなみに画像ではローターで隠れてしまっている。




sarx019 分解 - コピー.png





sarx019 琺瑯 - コピー.png





SARX019の売りである琺瑯文字板
バラしたのはこれを生で見たかったから。
セイコーの公式画像では全く良さが伝わらないが
独特の艶があって非常に美しい。
琺瑯文字板の素材として抜群に相性がいいようだ。
光の当たり具合によって、表情が全く違ってくる。
外周部を見るとわかるがステンレスのケースに
押さえつけられて若干削れている。
インデックスセイコーロゴはプリントだし
決して永遠に劣化しないわけではない。





sarx019 針.png





この青い針ってどんなもんか?
青い針はオモテが着色されているタイプ。
裏面は塗装なしだ。
画像では、なんか安っぽいと私は感じたが
実際購入して手元で見てみると案外良い青だった。
青焼き針に近づいているのではないか?
ちなみに、光が当たると水色に近い色になる。

SARX019の売りは、やはり琺瑯文字板
それもPRESAGEシリーズの中でも非常に
デザインバランスが良く美しいと思う。
それ以外は、ほかの6Rシリーズと大差ないかもしれないが
時計の顔である、文字板にデザインの重点がおかれており
琺瑯文字板目当てで買っても満足できるだろう。
ちなみに径40o×厚13oは結構なボリュームだ。




sarx019 正面2 - コピー.png




シンプルなローマンインデックスだけに
欲を言えば、文字板外周のメモリを
もう少しシンプルにしてほしかった。
だが十分かっこいい。
個人的には漆の黒の同様のローマンのほうが好みだが
場面を問わずに使用できるスタンダードなモデルは
このSARX019だろう。
非常に良い。サイズが合えば。


posted by たいぞう at 15:44 | Comment(5) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

セイコー アルピニスト メタルブレス化(SARB017)



セイコーメカニカルアルピニストSARB013用の
純正メタルバンドを入手した。











alp (2).png











ネットを見ていると最低でも13,000円程度だったけれど
某量販店にて、税込で12,000円を切るとのことで即発注した。
しかもこれにポイントが付く。
20、30本発注して14,000円ぐらいでネットで売れば
実質6〜10万程度を儲けることができる?
わたしゃぁ、そんなメンドーなことはしませんが。

買いたいときは
某Yカメラや某Bカメラのセイコー売り場に行き
所有機がSARB017でも「SARB013用ステンレスバンド」を
指定して発注するのだ。

このアルピニストは元々メタルブレスがデフォだったけど
なんで現行のSARB017は革ベルトにしてしまったのだろうか?
この手の防水・タフ時計なら、メタルブレスじゃないと
使い辛くてしょうがない。
NATOベルトの選択肢もあるけど、今度はオンで使えない。

私の所有する個体だが、元々金属のベルトが付いているのに
新品調達したのかって言うと、それは仮にも時計ブログだから。
サボりまくってたし、たまにはネタを投下しなければ。













alp (1).png









さて、肝心のアルピニスト純正メタルバンドについて

【以下ザックリとレビュー】
1、オイスターブレスタイプの全駒無垢仕様。
2、弓カン部分も無垢
3、それなりに重量があり「装着感」を演出している。
4、各駒の間に余計な隙間などはなく、よくできている。
5、プッシュ式バックルで長さ調整のバネ棒穴は二か所のみ。
6、そして、調整用の半駒はないため長さ調整が難しい。
7、プッシュの開閉はスムーズで動作はストレスがない。
8、駒の動きも非常になめらかで仕上げもそこそこの出来。
(某格安Jのオイスタータイプとは付け心地が違う)
9、調整用コマ止は割ピン方式。
その他1、この会社はステンレスブレスのデザインでやりすぎてしまう
ケースが多いように感じるけど、これは良いね(元ネタがいいからか?)
その他2、このベルトを見ると、いかにブランドの「のれん代」と言うものが
高価であるかがわかる。
ブランド維持が大変なのはわかるが、鉄にプレミアつけすぎだ。







posted by たいぞう at 22:56 | Comment(10) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

セイコーメカニカルアルピニストSARB013は最高!!


年度末のクソクソクッソ忙しい時期が過ぎ
やっと時間を取る事が出来た。
手短だが、夏に向けた時計を一つ紹介しよう。
まー内容はタイトルの通りだ。





alp - コピー.jpg

SARB013 SEIKO メカニカルアルピニスト 
ムーブメント:6R15 20気圧防水 サファイアガラス仕様

言わずと知れた?セイコーの大人気時計。
6R15メカアルピニストに関しては、SARB013のほかにも
黒文字板のSARB015とグリーンの文字板のSARB017がある。
しかし、緑以外は廃版となってしまい現行では
SARB017のみ販売となっている。
私のストライクゾーンど真ん中に入ってきたのは
このSARB013アルピニストアイボリーだった。

セイコーにしては大変珍しくデザインが秀逸な上、
オンオフ問わずに利用できそうな上手い仕上がりだ。
特にこのアイボリーの文字板に関しては
ゴールドの針・インデックスとの調和がたいへん美しい。
かっこよさ、スペック、お求めやすい価格
三拍子そろったセイコーの傑作だ!!

一世代前のアルピニストにムーブメントが4S15の物もあるが
それこそ4Sヲタでもない限り、アルピニストなら6Rを勧める。
まー選択肢が現行だと緑のみだから
欲しければどれでも好きにしたらいいと思うが。
6R15については、機械として必要十分。
セイコーの量産機でメンテナンス面と信頼性は問題ないだろう。
それ以上を求めるのは間違っている。
アルピニストは人気機種で各所でレビューがされているため
私はここで、褒めまくるのみとしておこう。





すばらしい!!





かっこいい!!





最高の実用時計だ!!





日本の物づくりの良心だ!!





文句なし!!
















































・・・いや文句はある。
なぜださい時計が量産されるのか?

最近なんだか暖かってきて、コイツをつけて外出したくなる。
外出を楽しむ時間はないが。
posted by たいぞう at 22:38 | Comment(4) | SEIKO(現行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。