2017年10月30日

時計のガラス交換方法まとめ(自分でやってみよう)

時計のガラス交換まとめ

・・・ガラス交換を自分で行う



●最初に
時計のガラス交換は簡単な割には
外装のグレードアップにダイレクトに影響する。
きれいにかっこよく時計の見た目が大きく変化するのだ。
サファイアガラスに交換などもできるため
オールド好きも新品好きも
これが自分でできると楽しみの幅がグーンと広がるだろう。
以下、私の経験をまとめておくので各自うまく利用されたい。

【CAUTION!!】
時計に変更を加える作業のため前提として失敗やケガのリスク
防水など元のスペック通りの性能が期待できなくなるリスク
並びに、のめりこんで散在するなどの諸々のリスクがあるが
すべて読者の自己責任にて運用していただくよう理解してほしい。
何があっても私はいかなる責任も負わない。



さてガラス交換だが基本的には
@プラ風防などの挿入
A接着
Bパッキンかまして圧入
それとその複合パターンだ
ガラス交換自体は道具をそろえて方法を学べば簡単にできる。



●フローは以下の通り
1.ガラス交換したい時計の構造を知ること
2.ガラス・パッキンのサイズ・形状・素材の確認
3.それに合わせた素材・道具の調達
4.交換作業
  A.ブレスレット・ベルトを外す
  B.ベゼルを外す
    (物によっては順番が変わる・または外さなくてもできる)
  C.裏ブタを開ける
    ワンピースケースの場合は風防を外して取り付ける
    そしてそのままB→Aと戻る
  D.りゅうずを抜き取る
  E.ムーブメントをケースから取り出す
  F.既存のガラスを外す
  G.新しいガラスをつける
    あとはEから逆の手順を踏む




●基礎の確認事項
円形のガラス風防であればサイズ(径)さえ合えば
素材が違ってもメーカー純正部品でなくても利用できる。
ケースの構造や針等との干渉は考慮する必要はあるが。

ダブルドーム(ガラスの断面が虹のようになっている)や
ボックスガラスプラ風防はその構造上、フラットガラス
換えると文字板上の針などに干渉してしまう可能性が大。

また、フラットガラスダブルドーム(その逆も)などに換えると
雰囲気が大きく変化するので狙って取り換えるのでなければ
見た目の変化にも注意してほしい。
心配なら元と同じ形状・厚みのガラスを要するのが確実だ。

そのうえで乱暴な言い方かもしれないが、要は押し込むなり
接着するなりしてガラスを固定できれば目的は達成だ。
コンマ以下で若干小さいガラスでも接着すれば
何とかなったりするものだ。
※次に交換するとき大変だったり
 本来の防水性のが期待できない可能性は大いにあるが

これが四角いガラスだとガラス風防交換は途端に難度が上がる。
それは上記に加えて、縦横の長さと四つ角の形状も
考慮しなければならないからだ。
ほぼ純正を利用するしかないだろう。



●ガラス交換 
それではガラス交換の各論だ。
素人作業のため、完ぺきではないことを予め記載しておく。

@プラ風防(テンションリング付き)などの挿入
これは以前の記事 ワンピースケースの開け方を参照してほしい
(キングセイコー 5621-7000の場合)

このタイプはボックス型あるいはドーム型のプラ風防を
それに付属する内側の細い金属リングで風防を外に突っ張って
防水性能を発揮する。
ほとんどのケースで
フラットガラスに交換すると針等に干渉する。
しかもプラ風防の径がコンマ以下で結構バラツキが
有ったりするので、プラ風防の調達には注意が必要だ。
あたりまえだが、ワンピースケースの場合は
ケースにガラスを接着すると取り外しが困難になるので
やめておこう。


※ちなみにワンピースケース以外は
 風防を絞って挿入しないほうがいいようだ
 ワンピースケースオープナーは絞って着脱することが
 付属マニュアルに記載されている
opc.png


※しかし、ほかの構造のマニュアルでは風防は挿入器で押し込め 
 そしてガラスは絞るなと記載されている



A接着(厳密には接着と圧入の複合)





Bパッキンかまして圧入
これが最もポピュラーな方法であろう。

が参考になると思われる。






posted by たいぞう at 00:02 | Comment(7) | 修理など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

セイコーダイバー サブマリーナ2


ダイバーとかパイロットウオッチとか
クロノグラフとかいろいろあるけど・・・
宇宙に行くからスピードマスター買うとか
サブマリーナー買って300m潜る
なんて聞いたことがない。
プロ仕様の性能なんてオーバースペックなだけで
誰も必要としていないはずだ。
時計に多少のTPOはあるにせよ普段使いが前提だ。
ビジネスシーンでもスピードマスターは本当によく見かけるが
このサラリーマンの内、何人が宇宙に行くつもりなのだろう。

だから時計メーカーは
時計プラス夢という付加価値を売る商売であって
技術やスペック、ストーリーや歴史で
ワクワク感を演出してくれている。
日本のメーカーの場合は前段の部分に付加価値
というか本来の価値を求めているように思える。
対してスイス勢は後段を強調し
明確に付加価値を訴えていると思う。
宇宙とか屋根裏から設計図とか
プロダクトに表れているからおもしろい。
もっと言えば機械式というもの自体が夢なんだろうね。




見た目の通り?の
セイコーのサブマリーナ



seiko.jpg



なんといっても価格が魅力。
ディテールに関しては上位モデルとは
当然のように比べるまでもない。
ただし、致命的な文句は出ない。
ミッドサイズの妙はサイズ・重量ともに
つけいていることを忘れるような装着感だ。

現行の逆輸入モデルの5同等品
いわゆるブラックボーイ:SKX007にも
ミッドサイズの設定がある(SKX013)。
が、私が欲しいのはサブマリーナを模したモデルだ。

こいつは値段なりのものであるのは間違いないが
押さえてほしい部分は押さえたうえで
ところどころ明らかな低スペックとなっている。
これに限らないがそんなものは大抵何とかなるのだ。


・・・例えばガラス
純正は普通のガラス風防だ。
サファイアガラスに載せ替えてしまえばよい。

・・・例えばりゅうず
無印りゅうずとなっている。
しかも小さめで操作性はあまりよくない。
変更しようと思えば可能だが結構な大手術の予感。

・・・例えばブレスレット
純正は巻き板の3連ブレス。
バンビでもジェランチャでも安価な無垢ブレスに取り替えられる。
ほぼポン付け可能でしょ。

・・・例えば針
明らかに短い。そして若干の剣ズレ。
セイコー5ダイバー風モデルから
お好みで奪って取り換えてしまえばよい。

世間では、というか海外を中心に
セイコー5カスタマイズが流行っている?ようだ。
私はできる限りオリジナルの仕様で使いたいのと
ガラスとブレスくらいしか交換できないので
あまり高度な改造はないけど
時計をいじっていて楽しいと感じる。
夢は入っていないが、私には十分に楽しめるおもちゃだ。






posted by たいぞう at 16:58 | Comment(2) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

セイコーダイバー サブマリーナ




おそらくこの機種はセイコーの中でもトップクラスの
サブマリーナー風の時計だろう。
セイコーにはほかに人気のダイバーがたくさんあるからか
不人気モデルだ。




7s260050 - コピー.jpg




隣は、夏にNATOで使用して、整備していたrolex 14060mだ。
まーこの二つベゼルのデザイン・インデックス・ケース形状は同じ。

なんで今更こいつなのかと言えば
だいぶ前からTUDORブラックベイ36oを
購入しようと思っていた。
それがこれの購入に至ったもともとの原因だ。
取り回しやすいサイズのダイバーを探していたら
いつの間にか手に入れていたのだ。

肝心のセイコーのほうの作りだけど
タイトルにダイバーとあるが正確には
セイコーのこいつはダイバー仕様ではない。
ねじ込みりゅうずに10気圧防水で
両方向回転ベゼルという面白い仕様だ。
まー安物だが、侮れない出来栄えだと思う。
不満はと言えば・・・
針が短い、りゅうずが小さめ
ガラスがサファイアではない、ベルトが巻き板ブレス。
それくらいだろう。
つまり欠点はほとんどない。
りゅうず以外は容易にどうにでもなるからだ。
すでにこいつもサファイアガラス化と無垢ブレス化をしている。

中身はセイコー7S26
ランク的にセイコー5同等とみて間違いないが
なぜか、セイコーの廉価機械式の旗印である5のマークがない。
その理由なんかはどうでもいいが、おかげで
文字板がシンプルで非常にすっきりまとまっている。
こんなにも安くてかっこいい時計があるのだ!

これがいいんだよ。だからセイコーはやめられない。
しかも、狙ったのかメーカー・駆動方式・防水仕様と
本家とまったく同じ並びのロゴ配置をしている。
公認クロノの能書きがある分
隣の本家のほうが文字板上はうるさいくらいだ。
こうしてみると14060の方が14060mより
シンプルでよいのではないかとさえ思える。

安いとはいえこのセイコー・・・
この手のダイバー風ウオッチとしては及第点の仕上げだ。
それに加えて、こいつはミッドサイズでベゼル径37.5o。
作りの粗が目立たないのだ。
同クラスでもサイズが大きいだけで仕上げの粗が目立つ。

ケースはベゼルよりほんの少しだけ張り出しているので
38o径と言ってもいいのかもしれない。
いわゆる6Rアルピニストサイズで、私には非常に使いやすい。
ダイバーは40o台中盤でもOK的なサイズ感のトレンドにシフトした
現在において、これは私にとっては貴重な品だ。

セイコー5ダイバー風やちゃんとしたセイコーダイバー
いくつか使ってみたことはあるのだが
細腕(手首回り17.5cm程)の私にはデカアツ、重い、ベルトが太いで
どうにも使用しつづけるのに堪えられなかったのだ。
結論は、本気のダイバーはいらない。
私にはタウンユースが前提のダイバー風ウオッチでいいのだ。
隣の本家もダイバー風みたいなもんだろう。
どちらも私にはぴったりの時計ということだ。

そしてこのセイコーのダイバー風時計は
腕に着けると存在感を出しつつ、軽快な着け心地を実現してくれる。
数字以上のサイズは感じると思うし
現に隣とそんなに大きさ変わらないでしょ?

おそらく手首回り16〜17cm位の方も、うまくフィットするだろう。
ただしNATOベルトを使うとややサイズ的に物足りない感じになる。
視覚的な効果だろうか?
それで、NATOでサブを運用していたわけだ。
また、手首が太い方にはもう少しボリュームがあっていいだろう。
かっこいい本物のダイバーが似合うのではないか。





posted by たいぞう at 22:25 | Comment(8) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。