2017年10月14日

ロレックスの値引き販売

ロレックスの値引き販売と
最近の時計の高騰について


もう時効だろうから書くけど
実はほんの少し前までは
ROLEXの正規販売店でも値引き販売をしていた。
もちろん日本ロレックスは、当時も今も
正規店には定価での販売を指導しているのは変わらない。
だから、大っぴらには値引きできない。
これがばれると最悪の場合、取引が停止されてしまうようだ。
そんなわけでひっそりと、だけど値引き店は確実に存在していた。
一応断りを入れておくが、正規販売をしている百貨店で
その独自の割引制度を利用することではない。
ちゃんと値引いてくれるのだ。

もう5年以上前にさかのぼるだろうか・・・
当時私が調べたところ
割引をすると思われる店が都内と地方にいくつか存在した。
値引き販売に対する締め付けが非常に厳格な今と比べて
当時は割とゆるーい感じで交渉に応じてくれていた気がする。
日本ロレックスのHPに掲載している正規の取扱店は
実はほんの一部であり、いわゆる町の時計屋であっても
当時は正規で取り扱いをしている店舗がたくさん存在した。
まー今も正規の個人商店自体はそれなりにあるようだが。

調査を進める中で、幸いにも一つ購入することができた。
ずいぶん前の記憶だけど確か割引率で15〜20%の間だったと思う。
モデルなどによっても違うのだろうが。
結果として並行の実売価格と大差ない金額で
正規の新品を入手することができた。
偽物リスクを100%回避できて
自分名義のギャランティカードを発行できる。
並行輸入商品と正規の商品の価格が同じなら
並行輸入を選択する理由はない。
すばらしい買い物だった。

時系列は2017年当初まで進む。
3度ロレックスの購入を検討した私は
当時リストアップした店舗に問い合わせをした。
しかし、これが全然だめで反応が悪い。
地方なんか店舗に実際行けば反応は変わるかもしれないが
単に確認のためだけにはさすがに行きづらい。
しかもロレックスの取り扱いをやめたところもあった。

それにしても本当に時計って高くなったなー。






posted by たいぞう at 18:14 | Comment(4) | ROLEX購入検討等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

seiko 4S24手巻きの時計

seiko 4S24シリーズはやはり名作揃い

仕上げにこだわったとか
機能がたくさんとか
装飾がどうのとか
精度が素晴らしいとか。
そうじゃなくてさ・・・

欲しいのは普通の時計だ。
ノンデイト手巻きでシンプルな3針の時計。
サイズも私の好みで言えばケース径36-38o程。
安すぎず高すぎない。
文字板上もシンプルに、全数字、白文字板。
外装もやりすぎないで・・・となると全然見かけない。

仕事では、日付と曜日はきっちり頭に入っている。
「あと何日で休みだ」っていつも考えているから。
だから余計な機能はいらない。



自分の所有機について言うのもなんだけど絶妙。
CAL.4S24シリーズは本当に絶妙。
個人の趣味でバッサリいくけど
見た目的に4Sなら手巻きだと思う。

4s24-0070 - コピー.jpg



いやいや、元々自動巻きなんだけどね。
祖先は52ロードマチックだものね。
マチックはセイコーの自動巻きのことだものね。
ロレックスで言うとパーペチュアルだし。
おっと、話がそれてきたけど・・・
そこが気に入らない人もいるみたいで
時計の楽しみ方って色々あって面白いなと。



posted by たいぞう at 00:59 | Comment(3) | SEIKO(OLD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

時計における都市伝説の検証




本当はどうなのか?

・10気圧防水と100M防水
 → 定義から明らかに別物
   でも10気圧防水や100M防水を同じ条件で負荷をかけて
   実際どこまで耐えられるのか?
   規格上の性能だけでなく実際の性能をを知りたい
   メーカーが違うとそれだけでばらつきが出るから
   セイコーあたりで試してみたい
   5気圧・50Mや3気圧・30Mなども

・時の経過でオイルが乾いてしまう
 → 理解はできる
   では実際どれくらいの経過でどれくらい乾燥するのか?
   オイルごとに、環境ごと
   (ずっと密閉や空気の出入りあり、温度差ありなしなど)に
   3か月、半年だけでなく3年とか5年では?
   どうなっていくのか?知りたい。すごく知りたい。
   時間のある方や時間経過と同等の影響を与えられる環境を
   お持ちの方ぜひお願いします。

・Dバックルと尾錠の革ベルトに与えるダメージの違い
 → これよく言われているけど
   どちらがどれくらいダメージが大きいのか?
   革ベルトを何種類か2本ずつ用意して
   つけ外しを500回くらい?行う。週5で約1年使用した感じ?
   ベルトの持ちにおけるDバックルの優位性はいかほどか?

・お湯、温泉、洗剤によるパッキンへの影響
 → シリコングリスが洗い流される?
   パッキンが劣化する?
   つける時間、温度、泉質、洗剤の種類色々選べて楽しそう
   そりゃ時計にはやらないほうがいいような気がするけど
   それぞれの環境でどれがどれくらい影響があるものか?

誰かに試してもらいたい。
全部やったら結構壮大なブログネタになると思う。
お願い申し上げ仕り候。
posted by たいぞう at 15:25 | Comment(0) | その他時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。